病床機能転換、病床廃止等に係る意向調査の実施について

病床機能転換、病床廃止等に係る意向調査

病床機能転換、病床廃止等に係る意向調査の実施について

 和歌山県地域医療構想に基づき、病床機能の分化・連携を進めていくに当たっては、地域医療構想調整会議において協議を要する病床機能転換に係る意向はもとより、県補助金(病床機能分化・連携推進事業費補助金)の活用に係る意向についても、あらかじめ把握する必要があります。

 つきましては、お忙しいところ恐れ入りますが、下記により、調査に御協力くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 なお、次回の地域医療構想調整会議(令和2年8月~9月開催予定)については、書面での開催を検討しております。
 

  1. 調査対象
    県内の病院及び有床診療所
    (病院については、精神単科病院を除く。)
     

  2. 回答様式
    様式1(病床機能転換、病床廃止等に係る意向調査調査票)
    様式2(病床機能の転換等について)
    ※様式1は調査対象の医療機関すべてが作成。
    ※様式2は次回の地域医療構想調整会議において病床機能転換についての協議を希望する医療機関のみ作成。
     

  3. 回答期限・回答方法

    別途郵送させていただく依頼文に記載しておりますので、ご確認ください。
     

  4. 留意事項

    (1) 具体的に進んでいる事案がある場合は、県庁医務課又は所轄の県立保健所へ早急にお知らせください。

    (2) 県補助金は限られた予算内で支出しているため、当調査で要望をお知らせいただいていない場合は、県補助金の交付ができないなど、十分に対応できないこともありますので、ご注意ください。
     

  5. 参考
    和歌山県地域医療構想推進のための補助制度(病床機能分化・連携推進事業)

このページの先頭へ