和歌山県結核予防計画について

本県における結核罹患状況は、かつての青少年層の結核単独かつ初感染発病を中心とした罹患から一変し、基礎疾患を有する既感染の高齢者の罹患が中心となっています。
国は、従来の結核対策の枠組みを抜本的に見直し、予防の適正化と治療の強化、きめ細かな個別的対応、人権への配慮、地域格差への対応を基本とした効率的な結核対策に転換することとなり、平成16 年に策定した「結核予防の総合的な推進を図るための基本的な指針」を見直し、平成23 年5 月、平成28 年11 月に「結核に関する特定感染症予防指針」が改訂されました。
この予防指針の改訂を受け、今般和歌山県における結核対策の強化と効果的な施策実施のため、下記のとおり本計画を策定しました。

和歌山県結核予防計画

和歌山県結核予防計画(概要版)(PDF形式 127キロバイト)

和歌山県結核予防計画(本文)(PDF形式 620キロバイト)

このページの先頭へ