和歌山県ギャンブル等依存症対策推進計画

 ギャンブル等依存症は、自身に病識がない方が多く、ギャンブル等にのめり込む自身をコントロール出来なくなり、多重債務を招くだけでなく、自殺や犯罪等にもつながるなど日常生活や社会生活に深刻な問題を生じさせることに加え、家族等に対しても深刻な影響を招く場合があることから重大な社会問題となっています。

 このような状況の中、国は、ギャンブル等依存症対策の基本理念を定め、国、地方公共団体等の責務を明らかにするとともに、国民の健全な生活の確保を図り、国民が安心して暮らすことのできる社会の実現に向けて、ギャンブル等依存症対策を総合的かつ計画的に実施するため、平成31年4月に「ギャンブル等依存症対策推進基本計画」を策定しました。

 本県においても、法の基本理念に基づき、総合的かつ計画的なギャンブル等依存症対策を推進していくため、本県の実情に即した和歌山県版のギャンブル等依存症対策推進計画を策定しました。この推進計画に基づき、総合的なギャンブル等依存症対策を実施し、県民の方々の健全な生活の確保を図るとともに、県民が安心して暮らすことのできる社会の実現を目指し、様々な取組を行っていきます。

和歌山県ギャンブル等依存症対策推進計画 概要

和歌山県ギャンブル等依存症対策推進計画 本文

このページの先頭へ