和歌山県介護支援専門員実務研修実習中止に伴うOJTの協力について(お願い)

 例年、和歌山県介護支援専門員実務研修においては、ケアマネジメントの基礎技術を学ぶ機会として、実習受入協力事業所(指定居宅介護支援事業所)の御協力のもと、研修受講者が利用者宅へ訪問し、ケアマネジメントの基礎技術を学ぶ実習を実施しているところです。

 しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、令和2年度及び令和3年度和歌山県介護支援専門員実務研修においては、当該実習を実施せず、映像学習やレポート等で代替することとしています。

 つきましては、実習を行っていない当該研修修了者を雇用する事業所におかれましては、当該人が介護支援専門員としての従事開始に伴い、有資格者の同行による居宅訪問など、3日間以上のOJTを行うよう御配慮、御協力をお願いいたします。

【参考資料】

「居宅介護支援事業所におけるケアマネジメント機能の向上に資するOJTの手引き」

https://www.jcma.or.jp/wp-content/uploads/200409roken19ojttebiki.pdf

このページの先頭へ