母子父子寡婦福祉資金貸付金

母子父子寡婦福祉資金の貸付制度は、母子家庭及び父子家庭並びに寡婦の経済的な自立と生活意欲の助長及び児童福祉の増進を図ることを目的として修学資金や就学支度資金をはじめとした12種類の資金からなる貸付制度です。

も くじ 

①貸付を受けることができる方

②貸付を受けるまでの手続き

③申請に必要な書類

④貸付限度額一覧表

⑤進学や就職を目指す方へ

⑥お問い合わせ先

①貸付を受ける ことができる方

 貸付対象者は、和歌山県(和歌山市にお住まいの方は除く)にお住まいの母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦及び40歳以上の配偶者のない女子であって母子家庭の母及び寡婦以外の者などが対象になります。

 また、修学資金、修業資金、就職支度資金及び就学支度資金については、母子家庭の母又は父子家庭の父及び寡婦が扶養する子、父母のない20歳未満 
の児童に直接貸し付けることができます。

②貸付を受ける ま での手続き

  1.お住まいの市福祉事務所、町村役場のひとり親施策担当課等又は県の振興局健康福祉部に相談

   ↓

  2.市福祉事務所、町村役場にて申請

   ↓

  3.県の振興局健康福祉部にて面談

   ↓

  4.審査を経て貸付決定

    ※審査・手続き等のため、貸付決定までに約1か月程度要するため、なるべく早くご相談ください。

③申請に必要な書類

①ヒアリングシート

②各種貸付申請書
③貸付資格証明書
④戸籍謄本及び世帯全員の住民票の写し
⑤申請者及び連帯借主(連帯保証人)の各種誓約書及び同意書
⑥その他、各資金に応じ必要な書類(在学証明書や事業計画書など)

 ※ 貸付申請の際にはマイナンバーの記入及び本人確認が必要です。

④貸付限度額一覧表

資金の種類      貸付内容 貸付限度額   措置期間

償還期間

修学資金

高校や大学、大学院等に就学する

際に必要な授業料、書籍代、交通費

受験料、被服費等に必要な資金

〇高等学校

 専修学校(高等課程)

    自宅  / 自宅外

公立 27,000円 / 34,500円

私立 45,000円 / 52,500円

〇高等専門学校 

    自宅  / 自宅外

公立 31,500円 / 33,750円 

私立 48,000円 / 52,500円

 ※4年以上の場合は変動あり

〇専修学校(一般課程)

   51,000円

〇専修学校(専門課程) 

     自宅 / 自宅外

公立 67,500円 / 78,000円

私立 89,000円 / 126,500円

〇短期大学 

     自宅 / 自宅外

公立 67,500円 / 96,500円

私立 93,500円 / 131,000円 

〇大学 

     自宅 / 自宅外

公立 71,000円 / 108,500円

私立 108,500円 / 146,000円

〇大学院 

修士課程  132,000円

博士課程  183,000円

当該学校

卒業後

6カ月

20年以内

専修学校

(一般課程)

5年以内

就学支度資金

就学・修業する 際に必要な被服等の

購入資金

〇小学校 64,300円

〇中学校 81,000円

〇高等学校

 専修学校(高等課程)

       自宅 / 自宅外

国公立 150,000円 / 160,000円

私立  410,000円 / 420,000円

〇高等専門学校

        自宅 / 自宅外

国公立 410,000円 / 420,000円

私立  580,000円 / 590,000円

〇専修学校(一般課程)

       自宅 / 自宅外

    150,000円 / 160,000円

〇専修学校(専門課程)

       自宅 / 自宅外

国公立 410,000円 / 420,000円

私立  580,000円 / 590,000円

〇短期大学  

       自宅 / 自宅外

国公立 410,000円 / 420,000円

私立  580,000円 / 590,000円

〇大学 

       自宅 / 自宅外

国公立 410,000円 / 420,000円

私立  580,000円 / 590,000円

〇大学院

国公立 380,000円

私立  590,000円

〇修業施設(中学校卒業者)   

      自宅 / 自宅外

   150,000円 / 160,000円

〇修業施設(高校卒業者)

      自宅 / 自宅外

   272,000円 / 282,000円

卒業及び

技能習得後

6カ月

就学 

 20年以内

専修一般および

修業 5年以内

修業資金

①事業を開始し又は就職するために必要な

 知識技能を習得する ための資金

②就職先が内定しており、就職に自動車の運転

 が必要な場合の免許取得に係る資金

① 月額   68,000円

② 運転免許 460,000円

知識技能

習得後1年

6年以内

就職支度資金

就職するために直接必要な被服、履物及び

通勤用自動車等を購入する資金

一般 100,000円

特別 330,000円 

(自動車購入のみ  の場合は23万)

貸付後1年 6年以内

技能習得資金

①自ら事業を開始し又は就職するために必要な

 知識技能を習得するために必要な資金

②就職先・就職内定先において又は求職活動中

 で就職に際し自動車の運転が必要な場合の

 免許取得に係る資金

①一般 月額 68,000円

 技能 一括 816,000円 

     (12カ月相当)

②運転免許 460,000円

知識技能

習得後1年

20年以内
医療介護資金

医療又は介護(当該医療又は介護を受ける期間

が1年以内の場合に限る)を受けるために必要

な資金

医療 340,000円

(特別) 480,000円

介護 500,000円

医療または

介護を受ける

期間満了後

6カ月

5年以内
生活資金

①知識技能を習得している間

②医療又は介護を受けている間

③母子家庭又は父子家庭になって間もない

(7年未満)父母の生活を安定・継続する間

(生活安定期間)

④失業中の生活を安定・継続する間。

① 月額 141,000円

②~④ 月額105,000円

(注)母子家庭の母、父子家庭の父

寡婦が生計の中心者でない場合

は、月額70,000円を限度とする。

生活安定期間の貸付は2,520,0

00円を限度とし、生活安定期間中の

養育費の取得のため  の裁判費用

については、1,260,000円

(一般分の12か月相当)

①知識技能

取得6か月

②医療又は

介護を受ける

期間満了後

6か月

③貸付期間

満了後6か月

④貸付期間

満了後6か月

①20年以内

②5年以内

③8年以内

④5年以内

結婚資金

母子家庭の母、父子家庭の父が扶養する  児童、

寡婦が扶養する20歳以上の子の婚姻に際し 

必要な資金

300,000円

貸付後6か月

5年以内
住宅資金

住宅を建設、購入、補修、保全、改築、又は増築

するのに必要な資金

1,500,000円

(特別 2,000,000円)

貸付後6か月

6年以内

(特別 7年以内

転宅資金

住宅を移転するために住宅の賃借に際し必要な

資金

260,000円

貸付後6か月 3年以内
事業開始資金

事業を開始するのに必要な設備、機械等の

購入資金

3,030,000円

団体 4,560,000円

貸付後1年 7年以内
事業継続資金

事業を継続するために必要な材料等を購入する

運転資金

1,520,000円

団体 1,520,000円

貸付後6か月 7年以内

  ※連帯保証人について

 ・修学資金、修業資金、就職支度資金、就学支度資金については、親が貸付を受ける場合(かつ子が連帯借主)には連帯保証人は不要です。

  それ以外の資金については、連帯保証人を立てる 場合は無利子、連帯保証人を立てない場合は有利子(1%)での貸付になります。

   ・貸付の決定にあたっては、実際に必要となる経費等を確認したうえで、上限限度額の範囲内で返済可能な額をお貸しすることとしていま す。

   ・貸付資金ごとに個別の貸付要件を設けています。詳しくは下記のお問い合わ せ先にてご確認ください。

⑤進学や就職を目指す方へ

 進学や就職に必要な資金の貸付は他機関でも多数取り扱っています。同一目的での貸付併用は基本的にできないため、他貸付金についても

十分にご検討ください。

 和歌山県生涯学習課(外部リンク)

 「高等教育の修学支援新制度」に採用され、入学金や授業料が減免される場合や給付型奨学金の支給を受ける場合には、貸付額の減額や給

付額相当の償還が必要となる場合があります。

 高等教育の修学支援新制度(外部リンク)

⑥お問い合わせ先

和歌山市にお住いの方は下のリンクを確認してください。

和歌山市母子父子寡婦福祉資金貸付金(外部リンク)

和歌山市以外の市町村に在住の方は、下のリンクを確認してください。

PDF形式を開きます市町村(PDF形式 63キロバイト)

PDF形式を開きます振興局(PDF形式 46キロバイト)

関連ファイル

このページの先頭へ