臨時福祉給付金(簡素な給付措置)について

平成28年度臨時福祉給付金及び障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)について

制度の概要

平成28年度臨時福祉給付金

平成26年4月に実施した消費税率引上げ(5%から8%)に伴う所得の少ない方への影響を緩和するため実施されます。

平成28年度分の住民税が非課税の方(課税者の被扶養者や生活保護の受給者等を除きます)を対象に、1人につき3千円が支給されます。

「高齢者向け給付金」の支給対象の方も受給できます。

詳細については、厚生労働省の特設ホームページ(臨時福祉給付金)をご覧ください。

障害・遺族年金受給者向け祉給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)

「一億総活躍社会」の実現に向け、賃金引上げの恩恵が及びにくい所得の少ない年金受給者の方への支援等のため実施されます。

平成28年度臨時福祉給付金の支給対象者のうち、障害基礎年金や遺族基礎年金等を受給している方(高齢者向け給付金の受給者を除きます)を対象に、1人につき3万円が支給されます。

詳細については、厚生労働省の特設ホームページ(障害・遺族年金受給者向け給付金)をご覧ください。

2つの給付金については、平成28年1月1日時点でお住まいの市町村への申請が必要です。

具体的な申請方法や申請受付期間は各市町村によって異なりますので、詳細は各市町村へご確認ください。

各市町村の受付期間や連絡先については、厚生労働省の特設ホームページ(各市町村の受付期間)でもご確認いただけます。

「臨時給付金」や「障害・遺族年金受給者向け給付金」を装った「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

  • 市町村、都道府県、厚生労働省などがATM(銀行、コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは絶対にありません。
  • ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
  • 市町村、都道府県、厚生労働省などが、「臨時福祉給付金(簡素な給付措置)」や「障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)」を支給するために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。

ご自宅や職場などに市町村、都道府県、厚生労働省(の職員)などをかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら、お住まいの市町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

チラシ(PDF形式 103キロバイト)「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください!(PDF形式 116キロバイト)

このページの先頭へ