アスベスト(石綿)の建材分析・濃度測定及び除去について

参考:アスベスト(石綿)の建材分析・濃度測定及び除去について

このページの情報は、参考情報としてご提供しています。
分析等の依頼については、個別に各事業者へお問い合わせください。

1 分析・測定について

参考1:石綿の微量分析は高度の分析技術が必要です。

分析には、高度の技術が必要とされることから、石綿の同定に必要な技術、経験を有する分析機関に依頼することが望ましいとされています。

参考2:石綿の環境評価については、下記の項目があります。

建築材料の質量に対する石綿の質量の割合が0.1%を越えるものが法規制の対象となります。大気汚染防止法では、工場・事業場の敷地境界における大気中濃度の基準として、空気中1リットルにつき石綿繊維10本と定められています。

2 除去について

  • アスベスト(石綿)の除去については、一般財団法人日本建築センター「審査証明技術一覧」、一般財団法人ベターリビング「建設技術審査証明事業(住宅等関連技術)証明技術一覧」のホームページをご参照ください。

参考:石綿除去に必要な資格について

「一般財団法人日本建築センター」「一般財団法人ベターリビング」では、民間で開発された吹付け石綿除去/封じ込め工事に係る技術について、その優位性を客観的に審査し証明を行う「建設技術審査証明事業」 を実施しています。 (環境省マニュアルP239)(外部リンク)

関連リンク

このページの先頭へ