関西夏のエコスタイル・冬のエコスタイル

関西夏のエコスタイル

和歌山県では、地球温暖化対策の一環として、関西広域連合の「関西夏のエコスタイル」(「夏季の適正冷房と軽装勤務」の取組)と連携し、「クールビズ」の取組を実施しています。

県民の皆様には、「クールビズ」の取組にご理解いただくとともに、気候や体調などに合わせて積極的なご協力をお願いします。

また、県内市町村や関係団体等の皆様も、この取組の一層の普及と定着が図られるようご協力をお願いします。

取組期間

平成30年5月1日(火曜日)から10月31日(水曜日)まで

(補足)県庁では、5月1日から6月上旬まで、9月下旬から10月31日までを「自主取組期間」としており、この期間中は、軽装勤務の取組について、職員が気候、体調、業務内容等に応じて自主的に判断します。

取組内容

  1. 適正冷房(室温28度)の推進
  2. 軽装勤務の普及・定着

その他

  • 関西広域連合では、温室効果ガス削減のため、「関西夏のエコスタイル」を統一ポスター等により広く呼び掛けを行っています。
  • 和歌山県では、来庁者の皆様に県職員の取組内容を周知するため、ポスターを作成し、県庁内に掲示しています。
関西夏のエコスタイルのポスター
平成30年度関西夏のエコスタイルポスター

関西冬のエコスタイル

エネルギー消費量が増加する冬季において、地球温暖化対策の一環として、省エネ取組「関西冬のエコスタイル」へのご協力をお願いします。

取組期間

平成29年12月1日(金曜日)から平成30年3月31日(土曜日)まで

呼び掛け内容

  • 暖房時は室温20度を目安に
  • 温かい料理で身体の芯からポカポカに
  • 厚手のカーテンで暖気を逃さないように
  • 暖かい服装で体感温度をアップ
  • 家電を買い換えるなら「省エネ」家電を
  • ストレッチや運動で身体をあたためましょう

関連リンク

このページの先頭へ