COOL CHOICE 未来のために、いま選ぼう。

クールチョイスロゴマークの画像

COOL CHOICE(クールチョイス)とは

2030年度に温室効果ガスの排出量を平成25年度比(2013年度比)で26%削減するという目標達成のため、省エネ・低炭素型の製品への買換え、サービスの利用、ライフスタイルの選択など、地球温暖化対策に資する「賢い選択」をしていこうという取組のことです。
未来のために、一人一人が意識や行動を変えていき、環境に優しい「賢い選択」に取り組みましょう。

どんなことがCOOL CHOICE?

COOL CHOICEの取組として今すぐできることがたくさんあります。

身近なところから始めてみましょう。

  • 家電製品を使うときは
    • テレビや照明などの「つけっぱなし」をしない
    • こまめにコンセントを抜く(待機電力を減らす)
  • 空調を使うときは
    • 冷暖房の温度設定に気を付ける(夏は室温28度、冬は室温20度が目安)
    • 一つの部屋に集まって冷暖房を共有(クールシェア・ウォームシェア)する
    • カーテンを効率的に使う(夏は日差しを、冬は冷気を遮断する)
    • 寒いときにはインナーを工夫したり、室内でもカーディガンなど一枚多く羽織ったりするようにする
  • 水を大事に
    • お風呂は時間を空けず続けて入る
    • シャワーを使うときはこまめに止める
  • お出掛けのときは
    • エコドライブを心掛ける(ふんわりアクセル、アイドリングストップ、加減速の少ない運転など)
    • 近くへのお出掛けには自転車を、遠くへのお出掛けには公共交通機関を使う
  • 食事のときは
    • 地元で採れた食材を選ぶ(輸送に伴う温室効果ガスの排出量が少ない)
    • 食べ残しをしない(ごみの減量につながる)
  • ごみを減らす
    • 資源を分別してリサイクルに回す(牛乳パックやトレイはスーパーなどの回収箱に)
    • 詰め替え商品を選んでごみを減量する
    • 買い物にはマイバッグを持って行く
    • 再生紙などのリサイクル製品を購入する
  • 買い替え時には
    • おうちの電球を省エネで長寿命のLEDに交換する
    • 省エネ家電、エコカーを選択する など
  • おうちを丸ごとエコ化
    • エコ住宅を建てる(太陽光発電設備の設置、窓の断熱、家庭用燃料電池の設置など)
  • 他にも
    • 地域の環境ボランティアに参加する
    • 環境に優しい取組の写真を「エコの和」のハッシュタグを付けて投稿する など

暑い夏を快適に過ごすための工夫

身近にできるCOOL CHOICEに加えて、暑い夏には次のようなことにも取り組んでみましょう。

  • 打ち水
    古くからの日本人の風習である「打ち水」を行い、気化熱を利用して周囲の気温を下げましょう。
    朝夕の時間帯が効果的とされています。また、「打ち水」には水道水を使わず、「風呂の残り水」などの二次利用水を使いましょう。
  • グリーンカーテン
    ゴーヤなどの植物を使ってグリーンカーテンを作りましょう。日差しを遮るだけでなく、周辺の気温を少し下げてくれます。
  • クールビズ
    軽装をファッションとしても楽しみ、暑い夏を快適に過ごしましょう。見た目にも涼しくなります。

関西夏のCOOL CHOICE(平成30年度)

関西広域連合では、温室効果ガスの排出を抑えて地球温暖化を防止するため、特にエネルギー消費量が増加する夏季において、これまでに定着してきた省エネの取組を継続していただくよう呼び掛けを行っています。

身近にできるCOOL CHOICEの取組に加えて、この夏はクールシェアにも取り組んでみましょう。

関西夏のクールチョイスのポスター
関西夏のCOOL CHOICEポスター
クールシェアのポスター
関西夏のCOOL CHOICE

クールシェアポスター

期間

平成 30年7月1日(日)から同年9月30日(日)まで

クールシェアの取組内容

みんなでお出かけクールシェア

自宅のエアコン等の電源をOFFにして、公共交通機関を利用し、公共施設、商業施設、緑地や公園などのクールスポットで過ごし、涼しさを分かち合います。

おうちで、ご近所でクールシェア

1人1台のエアコンの使用を止めて、家族が一つの部屋で過ごしたり、近所で集まったりすることで、涼しさを分かち合います。

 

和歌山県PRキャラクターきいちゃんの吹き出しの画像和歌山県PRキャラクターきいちゃんの画像

関連リンク

このページの先頭へ