ネットパトロール事業について

和歌山県では、青少年を「ネットいじめ」等から守るため、県教育委員会や県警察本部等と連携し、「ネットパトロール事業」を実施しています。(図1参照)
「ネットパトロール事業」では、専門パトロール員により、「各種サイト」や「各種掲示板」等をパーソナルコンピュータ等で探索し、県内18歳未満の青少年に関する誹謗中傷記事等の有害情報を県青少年・男女共同参画課(事務局)で集中管理し、内容ごとに専門機関へ連絡しています。
次に、見つかった有害情報等の中で、学校に関係のあるものは、県教育委員会を通じてそれぞれの学校等に資料提供し、教職員による生徒指導を行うとともにプロバイダやサイト運営業者に削除を要請することで、青少年の被害を最小限に食い止めます。
また、見つかった有害情報等が刑罰法令に抵触する可能性のある場合は、県警察本部に連絡します。少年課やサイバー犯罪対策室では、捜査を行うとともに犯罪の防止に努めます。
これらのほかに、ますます進展する情報化社会に対応するため、青少年リーダー養成研修でネット安全講習も実施し、青少年の情報モラル向上に努めています。
このように、行政・教育・警察の3機関が連携して取り組みながら、今後も青少年の健全育成を目指していきます。

ネットパトロール事業概要イメージ
図1:ネットパトロール事業概要

ネットパトロール結果

和歌山県青少年ネット安全・安心のための環境整備事業(外部リンク)

ネットパトロール対応結果

このページの先頭へ