新型コロナウイルス感染症への対応について消費者として御注意いただきたいこと

◆コロナウイルスに便乗した悪徳商法にご注意

行政から委託されたという業者などからの怪しい電話や訪問、身に覚えのない商品の送り付け、心当たりのない送信元からの怪しいメール・SMSなど、怪しい・おかしいと思うものにご注意ください。

新型コロナウイルス感染症に便乗した身に覚えのない商品の送り付けにご注意ください。(外部リンク:消費者庁ホームページ)
感染症に関連した消費者トラブル回避のために(外部リンク:消費者庁ホームページ)


◆特別定額給付金を装った詐欺にご注意

特別定額給付金の給付の決定に伴い、ATMの操作や手数料の振り込みを求められるなどの詐欺にご注意ください。給付開始日については各市町村が決定し、手続きを開始します。

特別定額給付金を装った詐欺にご注意ください。(外部リンク:消費者庁ホームページ)
特別定額給付金のサギに注意!!(外部リンク:総務省ホームページ)


◆消費者の皆様へ「お買物エチケット」等ご協力のお願い

感染拡大の予防と社会経済活動の両立を図るため、スーパーなどの店舗で買物をするとき、または外食をするときには、従業員と消費者が理解・協力しあうことが大切です。
感染予防に加え、他の方に感染させない気づかいも大切です。
また、品薄や欠品、席の配置の制限など、従来のサービスと異なり戸惑うことがあるかもしれませんが、是非「お買物エチケット」等へのご協力と、お店の応援をお願いします。

消費者の皆様へ 「お買物エチケット」ご協力のお願い (外部リンク)(外部リンク:消費者庁ホームページ)

消費者の皆様へ「おいしく、楽しく、安全に外食をするときのお願い」(外部リンク)(外部リンク)(外部リンク:消費者庁ホームページ)


◆マスクの安定供給とアルコール消毒製品及びマスクの転売規制について

マスクについては、 厚生労働省及び経済産業省が関係団体に増産など安定供給について要請を行い、毎週1億枚以上のマスクを届けられるようになっています。消費者の皆様におかれましては、風邪や感染症の疑いのある方などマスクが必要な方たちに届くよう、御理解・御協力と冷静な御対応をお願いいたします。 

3月15日以降、個人や業者が小売店で購入したマスクを取得価格よりも高値で転売すると違反となり、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。なお、5月26日以降、アルコール消毒製品についても同様の規制となります。

マスクや消毒液の状況 ~不足を解消するために官民連携して対応中です~ (外部リンク:経産省ホームページ)
国民生活安定措置法による転売規制についてQ&A(外部リンク:消費者庁ホームページ)

・アルコール消毒製品転売規制チェックシート(外部リンク:経産省ホームページ)


◎少しでもおかしいと感じた場合や、トラブルに遭った場合は、早めにお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン 188)。全国の相談事例や最新情報は、下記消費者庁HP、独立行政法人国民生活センターHPでご確認ください。

新型コロナウイルス感染症の拡大に対応する際に消費者として御注意いただきたいこと(外部リンク:消費者庁ホームページ)  

新型コロナウイルス感染症関連(外部リンク:独立行政法人国民生活センターホームページ )
 


●「消費者庁新型コロナ関連消費者向け情報」公式LINEアカウントが開設されました。

「消費者庁 新型コロナ関連消費者向け情報」公式LINE アカウントの開設について (外部リンク:消費者庁ホームページ)

LINEバナー

このページの先頭へ