新型コロナウイルス感染症への対応について消費者として御注意いただきたいこと

マスクについては、厚生労働省及び経済産業省が関係団体に増産など安定供給について要請を行い、毎週1億枚以上のマスクを届けられるようになっています。また、3月15日からは、個人や業者が小売店で購入したマスクを取得価格よりも高値で転売すると違反となり、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。(詳細は下記経済産業省HP参照)。
消費者の皆様におかれましては、風邪や感染症の疑いのある方などマスクが必要な方たちに届くよう、御理解・御協力と冷静な御対応をお願いいたします。

また、全国の消費生活センター等に新型コロナウイルス等に便乗した消費者トラブルの相談が寄せられています。行政から委託されたという業者などからの怪しい電話や訪問、心当たりのない送信元からの怪しいメール・SMSなど、怪しい・おかしいと思うものには反応しないようにしてください。
少しでもおかしいと感じた場合や、トラブルに遭った場合は、早めにお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン 188)。全国の相談事例や最新情報は、独立行政法人国民生活センターのホームページをご確認ください。
 

新型コロナウイルス感染症の拡大に対応する際に消費者として御注意いただきたいこと(外部リンク:消費者庁ホームページ)
感染症に関連した消費者トラブル回避のために(外部リンク:消費者庁ホームページ)

マスクや消毒液の状況 ~不足を解消するために官民連携して対応中です~(外部リンク:経済産業省ホームページ)
新型コロナウイルス感染症関連(外部リンク:独立行政法人国民生活センターホームページ )
 

このページの先頭へ