ヘボン式ローマ字

ヘボン式ローマ字

申請書へのローマ字記入について

パスポートイラスト

申請書の氏名欄(写真貼付欄の右横)の下段には、原則として「ヘボン式ローマ字活字体大文字」で記入していただきますが、次のものは特に誤りやすいのでご注意ください。

し:SHI ふ:FU しゅ:SHU ちゅ:CHU じゅ:JU
ち:CHI じ・ぢ:JI しょ:SHO ちょ:CHO じょ:JO
つ:TSU しゃ:SHA ちゃ:CHA じゃ:JA りょ:RYO

【その他の注意点】

撥音:ヘボン式では、B・M・Pの前にNの代わりにMを置きます。
(例)難波(なんば)NAMBA、本間(ほんま)HOMMA、三瓶(さんぺい)SAMPEI
促音:子音を重ねます。
(例)服部(はっとり)HATTORI、吉川(きっかわ)KIKKAWA
但し、ち(CHI)、ちゃ(CHA)、ちゅ(CHU)、ちょ(CHO)音に限り、その前にTを加える。
(例)発地(ほっち)HOTCHI、八丁(はっちょう)HATCHO


非ヘボン式表記(外国式のつづり等)を希望される場合

非ヘボン式表記を希望される場合は、必要書類など詳しくは事前に旅券窓口におたずねください。

お問い合せ先

和歌山県パスポートセンター TEL:073-436-7888
各振興局旅券窓口(取扱窓口参照

このページの先頭へ