持続可能な地域公共交通の確保に向けた取り組み

持続可能な地域公共交通の確保に向けた取り組み

 和歌山県では、平成28年度から独自の公共交通マップを作成し、市町村を訪問して地域の公共交通の確保にむけた意見交換を実施し、路線バスやコミュニティバス、乗合タクシーをどのように組み合わせたらよいか、利用促進をどのように行えばよいかなど、市町村と一緒になって検討してきました。
 平成30年度からは、住民の皆様や事業者の方々にも参加いただき、住民と事業者、行政が一体となって地域の公共交通のあり方を考える「地域公共交通研究会」を開催しています。
 また、令和2年度からはこれまでの取り組みの成果を踏まえて市町村が考える地域の実情に即した交通体系の構築について支援を行う「地域生活交通確保支援事業」を開始しています。これは解決策の検討に向けた支援アドバイザーの派遣や調査、実証運行について支援を行うものです。

市町村との意見交換の実施(平成28年度~)

 路線バスやコミュニティバス、鉄道のルートと利用状況などを記載した「公共交通マップ」を活用して、地域公共交通の確保に向けた意見交換を実施してきました。
 

地域公共交通研究会の開催(平成30年度~)

 住民の皆様や交通事業者の方々にも参加いただき、住民と事業者、行政が一体となって地域の公共交通のあり方を考える「地域公共交通研究会」を開催しました。
 

<実施場所>

  • 平成30年度:紀北地域、紀南地域
  • 令和元年度:日高振興局管内、東牟婁振興局管内
  • 令和2年度:有田振興局管内、西牟婁振興局管内
     

<地域公共交通研究会の様子>
 平成30年度開催  
 平成30年度2  平成30年度1  平成30年度3

 令和元年度
 令和元年度1  令和元年度3  令和元年度2

 令和2年度
 令和2年度1  令和2年度2  令和2年度3
 

地域生活交通確保支援事業の実施(令和2年度~)

 市町村が考える地域の実情に即した交通体系の構築について支援するため、専門的見地から助言を行うアドバイザーの派遣や、正式運行に向けた調査や実証運行を行うための経費の一部について支援します。
 


<地域生活交通確保支援事業の様子>
 生活交通確保支援1  生活交通確保支援2
    
 

このページの先頭へ