住宅・土地統計調査について

住宅・土地統計調査

平成30年住宅・土地統計調査結果

全国   住宅数概数集計 総務省統計局のホームページ(外部リンク)

     住宅及び世帯に関する基本集計 総務省統計局のホームページ(外部リンク)

     住宅の構造等に関する集計   2020年1月公表予定

     土地集計           2020年3月公表予定

調査への協力ありがとうございました。

平成30年10月1日現在で、平成30年住宅・土地統計調査を実施しました。

調査に御回答いただいた皆様には、お忙しい中、御協力をいただき誠にありがとうございました。

住宅・土地統計調査とは

住宅・土地統計調査は、我が国における住宅及び住宅以外で人が居住する建物に関する実態並びに住環境、現住居以外の住宅及び土地の保有状況その他の住宅等に居住している世帯に関する実態を調査し、その現状と推移を全国及び地域的に明らかにすることにより、住生活関連諸施策の基礎資料を得ることを目的としています。

昭和23年依頼5年ごとに実施しており、平成30年調査はその15回目にあたります。 

調査の期日

平成30年10月1日現在

調査の地域

全国の平成27年国勢調査調査区の中から全国平均約5分の1の調査区を抽出し、これらの調査区において平成30年2月1日現在で設定した調査単位区のうち、約22万調査単位区について調査しました。
本県では、29市町で1,845調査単位区が対象となりました。

調査の対象

調査期日において、調査単位区内から抽出した住宅および住宅以外で人が居住する建物、ならびにこれらに居住している世帯(1調査単位区当たり17住戸)を対象となりました。
本県では、29市町で約31,000住戸が対象となりました。

調査の結果はこのように利用されています

国や地方公共団体における「住生活基本計画」の成果指標の設定
(高齢者の居住する住宅のバリアフリー化率、省エネルギー基準達成率など)

耐震や防災を中心とした都市計画の策定

空き家対策条例の制定

過去の調査結果

和歌山県 平成25年結果(PDF形式 90キロバイト)

全国   平成25年住宅・土地統計調査(総務省統計局ホームページ)(外部リンク)

このページの先頭へ