和歌山県の農業

和歌山県の農業について見てみよう。農家の数や、和歌山県でどんな作物がよく取れているかわかるよ

和歌山県の農家の数はどれくらいかな

農家は次のように区分することができます。これらを合わせたのが総農家数です。

  • 販売農家(はんばいのうか)

専業農家(せんぎょうのうか)
耕地面積が広く、農産物を販売していて、家族に農業以外の仕事をしている人がいない農家

兼業農家けんぎょうのうか)
耕地面積が広く、農産物を販売していて、家族の誰かが農業以外の仕事をしている農家

  • 自給的農家(じきゅうてきのうか)
    耕地面積が狭く、農産物を全く又はわずかしか販売していない農家

農家数の推移

農家数の移り変わりを表にすると、下記の表のようになります。和歌山県の総農家数は年々減少しており、過去25年間で1万7千戸以上も減り、平成27年の調査では3万戸を下回りました。しかし、専業農家の数をみると、少し増える傾向にありますね。では、この表から2つのグラフを作ってみましょう。

農家数の推移の表

(1)で囲った部分で作ったグラフ

全国と和歌山県の区分別農家の割合をグラフにすると、このようになります。

数字で見ていると分かりにくいですが、全国、和歌山県のそれぞれの総数を100として割合を示すと、和歌山県では専業農家の割合が多いことがとてもよく分かります。

区分別農家の割合を表した帯グラフ

(2)で囲った部分で作ったグラフ

和歌山県の農家数の推移をグラフにすると、このようになります。

農家が年々減っていること、その中で専業農家数が少し増えてきていることがわかりますね。

和歌山県の農家数の推移

和歌山県には農家が多いのかな?少ないのかな?

統計データから目安をつけることができます。「人口」のコーナーに、全国と和歌山県の世帯数がのっていますから、その数字を使って計算してみましょう。

  • 全国の総農家数を全国の一般世帯数で割ると、
    2,155.1千戸÷53,331.8千世帯=4.0パーセント
  • この計算から、和歌山県は農家の割合が多い県だと言えそうだね 和歌山県の総農家数を和歌山県の一般世帯数で割ると、
    29.7千戸÷391.5千世帯=7.6パーセント

和歌山県の農業の特色

みなさんは、農業と聞いてどんな仕事をイメージしますか。お米や野菜を作る仕事でしょうか。

ひとくちに農業といっても、生産するものは様々です。実は、全国の農業で産出するものを金額で表すと、最も多いのは牛、鶏、豚などの「畜産」で、全体の3分の1以上を占めています。

しかし、和歌山県では、みかん、うめ、かき、ももなどをはじめとする様々な種類の「果実」の生産が全体の6割以上を占めているのです。このため、和歌山県は「果樹王国(かじゅおうこく)」とも言われています。

農業産出額のグラフ

(補足)「花き」とは、観賞用の植物のことです。

(補足)農業産出額(のうぎょうさんしゅつがく)とは、農家の人たちが作った作物などを、重さではなく、その価値を金額で表したものです。

和歌山県ではどんな種類の果実がよくとれるのかな

和歌山県でとれる果実(くだものなど)を金額で表すと、1年に627億円にもなり、その内訳は、次のようになっています。和歌山県ではみかんの生産が盛んなことは知っていると思うけど、お米(76億円)と野菜(162億円)の全部を合わせたよりも金額が多いんだよ。次にうめ(103億円)、かき(86億円)、もも(49億円)、はっさく(30億円)と続きます。

和歌山県の果実の農業産出額のグラフ

和歌山県では、全国で自慢できるほど、たくさんくだものがとれているのかな

和歌山県でたくさんとれる果実(くだものなど)の収穫量を重さ(単位はトン)で表したのが、次の表です。

順位と収穫量、全国でどれだけの割合を占めているかを数字で表しています。

みかん、うめ、かき、はっさく、セミノール、さんしょう、じゃばらなど、収穫量全国1位の果実がずいぶんたくさんありますから、胸を張ってよいでしょう。
でも、この表には和歌山県が上位のものしか書いていません。りんご、なし、ぶどう、くり、パイナップルなど、他にもいろいろな果実があり、それぞれの生産に適した気候の地域があります。他の地域にはかなわないくだものがたくさんあることも、知っておきましょう。

果実収穫量の全国順位一覧(和歌山県が上位のものを抜粋) 

果実収穫量の全国順位の一覧
順位

みかん

みかんの写真

うめ

うめの写真

かき

かきの写真

もも

ももの写真

全国

全国

777,800トン

全国

97,900トン

全国

242,000トン

全国

121,900トン

第1位

和歌山

160,200トン

和歌山

63,800トン

和歌山

50,500トン

山梨

38,600トン

第2位

愛媛

120,600トン

群馬

5,380トン

奈良

30,600トン

福島

26,600トン

第3位

静岡

101,200トン

神奈川

1,770トン

福岡

20,400トン

長野

15,900トン

第4位

熊本

74,800トン 

奈良

1,220トン

愛知

15,800トン

和歌山

9,360トン

第5位

長崎

53,500トン

福井

1,160トン

岐阜

15,200トン

山形

8,190トン

第6位

佐賀

45,100トン

徳島

477トン

新潟

11,000トン

岡山

6,470トン

第7位

広島

31,700トン

   

長野

10,500トン

新潟

2,490トン

第8位

愛知

26,300トン

   

愛媛

9,370トン

香川

1,100トン

第9位

神奈川

22,900トン

   

福島

8,460トン

岐阜

710トン

第10位

福岡

22,500トン

   

山梨

7,890トン

愛媛

308トン

果実収穫量の全国順位の一覧
順位

すもも

すももの写真

キウイフルーツ

キウイフルーツの写真

びわ

びわの写真

全国

全国 21,300トン 全国 27,800トン 全国 3,570トン

第1位

山梨 6,770トン 愛媛 6,820トン 長崎 1,050トン

第2位

長野 3,270トン 福岡 4,350トン 千葉 535トン

第3位

和歌山 2,350トン 和歌山 3,740トン 鹿児島 298トン

第4位

山形 1,970トン 神奈川 1,970トン 香川 291トン

第5位

青森 1,220トン 静岡 1,400トン 和歌山 214トン

第6位

福島 857トン 栃木 957トン 愛媛 181トン

第7位

福岡 821トン 山梨 935トン 兵庫 160トン

第8位

鹿児島 160トン 佐賀 755トン    

第9位

    香川 598トン    

第10位

    大分 546トン    

出典 平成27年産・果樹生産出荷統計(外部リンク)

果実収穫量の全国順位の一覧
順位

はっさく

はっさくの写真

セミノール

セミノールの写真

さんしょう

さんしょうの写真

じゃばら

じゃばらの写真

全国

全国 33,723トン 全国 3,512トン 全国 1,012トン 全国 187トン

第1位

和歌山 24,108トン 和歌山 1,326トン 和歌山 606トン 和歌山 131トン

第2位

広島 5,886トン 大分 1,066トン 高知 312トン 三重 27トン

第3位

愛媛 1,206トン 三重 936トン 兵庫 24トン 愛媛 29トン
果実収穫量の全国順位の一覧
順位

いちじく

いちじくの写真

きよみ

きよみの写真

シラヌヒ

シラヌヒ(不知火)の写真

全国

全国 13,941トン 全国 16,924トン 全国 46,819トン

第1位

愛知

2,479トン

愛媛

6,959トン

熊本

13,769トン

第2位

和歌山

2,207トン

和歌山

6,542トン

愛媛

10,182トン

第3位

兵庫

1,413トン

広島

853トン

和歌山

5,279トン

出典 平成26年産・特産果樹生産動態等調査(外部リンク)

関連リンク

このページの先頭へ