和歌山県の地勢と気候

和歌山県の大きさの図

地勢(ちせい)

 
紀伊山地のやまなみの写真
紀伊山地のやまなみ
熊野川の写真
熊野川
橋杭岩の写真
橋杭岩(串本町)

和歌山県の面積の大部分は、紀伊山脈(きいさんみゃく)を中核とする標高1,000メートル前後の山岳地帯です。護摩壇山(ごまだんざん)、高野山(こうやさん)、那智山(なちさん)など古代から人々に親しまれた山々も多く、温暖で雨が多いため樹木がよく育ち、広大な森林に覆(おお)われています。和歌山県の古い国名である「紀の国」は、「木の国」から転じたものともいわれています。和歌山県は、近畿地方(きんきちほう)の南につきでた紀伊半島(きいはんとう)の南西部にあって、北は大阪府(おおさかふ)、東は奈良県(ならけん)と三重県(みえけん)、南は熊野灘(くまのなだ)に接し、西は紀伊水道(きいすいどう)をはさんで徳島県(とくしまけん)と向かい合っています。串本町の潮岬は、本州の最南端に当たります。

山脈から発生した熊野川、紀の川、日高川、有田川、日置川、古座川など多くの河川が紀伊水道や太平洋に注いでいます。人々は古くから暮らしのために様々な工夫を凝らして水の恵みを利用してきました。

和歌山県の面積の8割以上を山地が占めているので、平野(へいや)はとても少ないのですが、紀の川流域(きのかわりゅういき)の和歌山平野と、有田川(ありだがわ)や日高川(ひだかがわ)の下流などに小さな平野が広がっています。

海岸線(かいがんせん)は総延長(そうえんちょう)650.7キロメートルにおよぶリアス式海岸で、天然の良港にも恵まれています。とりわけ、潮岬(しおのみさき)を中心とした県南部の海岸は黒潮(くろしお)に洗われ、弘法大師(こうぼうだいし)の伝説で有名な奇岩(きがん)・橋杭岩(はしくいいわ)がそびえ立つなど雄大な景色(けしき)をみることができます。

和歌山県の高い山

  • 1位 龍神岳(りゅうじんだけ)(田辺市、奈良県)
    標高1,382メートル
  • 2位 護摩壇山(ごまんだんざん)(田辺市、奈良県)
    標高1,372メートル
  • 3位 牛廻山(うしまわしやま)(田辺市、奈良県)
    標高1,207メートル

和歌山県の長い川

  • 1位 日高川(ひだかがわ)(水源地 田辺市)
    全長114.7キロメートル
  • 2位 有田川(ありたがわ)(水源地 高野町)
    全長67.2キロメートル
  • 3位 日置川(ひきがわ)(水源地 田辺市)
    全長56.9 キロメートル

気候(きこう)

和歌山県は南北の距離が長く、北部と南部では気候が異なります。

和歌山市など県北部は瀬戸内海式気候(せとないかいしききこう)に属し、年間を通じて天気や湿度が安定しており、降水量も少なくなっています。

一方、県南部は太平洋岸式気候(たいへいようがんしききこう)に属し、黒潮の影響を受け温暖で台風の影響を受けやすく極めて降水量の多い地域もあります。また、日照時間が長く、夏は比較的涼しく冬は暖かい傾向がみられます。

県内の主な地域の平年値

県内の主な地域の平均気温、降水量、日照時間の平年値(へいねんち)を表にすると、次のとおりです。
同じ和歌山県でも地域により気候がずいぶん異なることが分かります。平年値とは、気象学で用いる一定の期間の観測値の平均値です。世界中で気候区分の基準となるほか、その土地の平均的な気候を知る重要な指標になっています。

主な地域の平年値(1981年から2010年)
和歌山市

高野山

潮岬(串本町)

新宮市

平均気温 16.7度 10.9度 17.2度 16.9度
降水量

1316.9ミリメートル

1851.6ミリメートル 2519.0ミリメートル 3126.8ミリメートル
日照時間 2088.8時間 1539.3時間 2201.2時間 2015.3時間

(注意)高野山と新宮市の日照時間は1987から2010の平年値

県内の主な地域の月別平均気温、降水量、日照時間

主な地域の月別平均気温(平成30年)
和歌山市 高野山 潮岬 新宮市
1月 5.4度 -1.3度 6.9度 6.7度
2月 5.4度 -1.3度 7.1度 7.2度
3月 11.5度 5.9度 13.0度 13.2度
4月 16.8度 11.1度 16.6度 17.2度
5月 19.7度 14.7度 19.2度 20.2度
6月 23.2度 18.2度 22.2度 22.7度
7月 28.8度 23.7度 26.8度 27.7度
8月 29.1度 23.3度 27.3度 28.3度
9月 24.3度 19.1度 24.2度 24.4度
10月 19.5度 13.0度 20.0度 20.0度
11月 14.4度 7.8度 15.6度 16.0度
12月 9.7度 3.7度 11.3度 11.1度
主な地域の月別降水量(平成30年)
和歌山市 高野山 潮岬 新宮市
1月 79.0ミリメートル 126.0ミリメートル 144.0ミリメートル 121.5ミリメートル
2月 41.0ミリメートル 48.5ミリメートル 107.5ミリメートル 84.0ミリメートル
3月 143.5ミリメートル 192.0ミリメートル 184.0ミリメートル 317.0ミリメートル
4月 154.5ミリメートル 196.0ミリメートル 120.0ミリメートル 213.0ミリメートル
5月 224.0ミリメートル 325.5ミリメートル 236.0ミリメートル 420.5ミリメートル
6月 180.0ミリメートル 293.5ミリメートル 375.0ミリメートル 490.0ミリメートル
7月 450.0ミリメートル 287.5ミリメートル 160.5ミリメートル 173.0ミリメートル
8月 96.5ミリメートル 196.5ミリメートル 319.0ミリメートル 215.5ミリメートル
9月 459.5ミリメートル 609.5ミリメートル 854.4ミリメートル 909.5ミリメートル
10月 32.0ミリメートル 57.0ミリメートル 86.0ミリメートル 171.0ミリメートル
11月 26.5ミリメートル 50.5ミリメートル 77.5ミリメートル 77.5ミリメートル
12月 64.0ミリメートル 117.5ミリメートル 68.0ミリメートル 74.0ミリメートル
種菜地域の月別日照時間(平成30年)
和歌山市 高野山 潮岬 新宮市
1月 159.9時間 85.5時間 202.8時間 207.5時間
2月 169.6時間 118.2時間 186.6時間 187.0時間
3月 227.6時間 197.8時間 216.3時間 217.9時間
4月 221.4時間 187.6時間 247.7時間 228.1時間
5月 197.1時間 172.0時間 197.9時間 198.2時間
6月 181.0時間 136.8時間 163.2時間 149.7時間
7月 265.7時間 202.8時間 231.7時間 198.8時間
8月 293.5時間 191.9時間 271.0時間 243.7時間
9月 111.7時間 76.8時間 138.4時間 103.7時間
10月 188.4時間 118.2時間 196.4時間 163.2時間
11月 171.1時間 125.3時間 191.3時間 176.9時間
12月 101.8時間 68.6時間 164.5時間 144.0時間

数字で見ているだけでは違いや特徴(とくちょう)がわかりにくいので、この表をグラフにしてみましょう。

県内各地の平均気温と降水量のグラフ

新宮市は、とても雨量の多いところだよ。そして高野山は他と比べてずいぶん涼しいところだね。和歌山市と潮

県内各地の日照時間のグラフ

高野山は日照時間が短くて、いつも厳(おごそ)かな感じだね。潮岬や新宮市は、真冬でもよく日が当たるから

関連リンク

このページの先頭へ