令和2年和歌山県地価調査

・県全体の平均変動率は、住宅地は平成3年から30年連続、商業地は平成4年から29年連続の下落である。

・住宅地及び商業地の下落率が、9年ぶりに拡大した。

・価格上昇地点は、住宅地は昨年の11地点から4地点、商業地は昨年の8地点から3地点に減少した。

・価格上昇地点があるのは、住宅地で8年連続、商業地で7年連続である。

・和歌山市の商業地の平均変動率が、5年ぶりに下落した。

1 全体

[調査地点数:213(うち林地、選定替え地点を除く全用途継続地点数:201)]

  • 全用途の平均変動率は△1.3%で、平成3年から30年連続の下落である。
  • 下落率は、平成24年から8年連続で縮小していたが、本年は昨年の△1.1%から9年ぶりに拡大した。
  • 前年からの継続地点201地点のうち、価格が上昇した地点は7地点、横ばいの地点は28地点、下落した地点は166地点となっている。

2 用途別

(1)住宅地

  • 平均変動率は△1.4%で、平成3年から30年連続の下落である。

  • 下落率は、平成24年から8年連続で縮小していたが、本年は昨年の△1.2%から9年ぶりに拡大した。

  • 価格上昇地点は、4地点(和歌山市3、串本町1) で、価格上昇地点があるのは8年連続である。
  • 価格上昇地点は、駅や商業施設等に近く、利便性や居住環境が良好な地域、津波被害が懸念される紀南地方の高台の地点である。
  • 価格横ばい地点は、16地点(和歌山市9、田辺市3、岩出市2、白浜町1、串本町1)である。

(2)商業地

  • 平均変動率は△1.1%で、平成4年から29年連続の下落である。
  • 下落率は、平成24年から8年連続で縮小していたが、本年は昨年の△0.7%から9年ぶりに拡大した。
  • 価格上昇地点は、3地点(和歌山市3)で、価格上昇地点があるのは7年連続である。
  • 価格上昇地点は、和歌山市中心部の施設が集積した地域の地点である。
  • 価格横ばい地点は、10地点(和歌山市8、田辺市2)である。
  • 和歌山市の平均変動率は、平成28年から4年連続で上昇していたが、本年は△0.1%で、昨年の0.3%から5年ぶりに下落した。

(3)工業地

  • 平均変動率は△1.4%であり、昨年の△1.0%より下落率が拡大した。

(4)参考(平均変動率の順位)

  • 都道府県別の本県の全国順位(変動率が高い順)は、住宅地が37位(昨年39位)、商業地が26位(昨年29位)である。

  • 近畿地方(2府4県)の中では、住宅地は5位(昨年6位)、商業地は6位(昨年6位)である。

地価調査資料

その他資料

平成25年から付近案内図を廃止しました。個々の基準地の位置情報については、国土交通省の標準地・基準地検索システム(外部リンク)(全国)(外部リンク)、または和歌山県地理情報システム内の地価調査・地価公示調査地点地図で確認できます。

このページの先頭へ