スーパーシティ構想

スーパーシティとは?

スーパーシティとは、昨年9月に施行された改正国家戦略特別区域法により創設された新たな国家戦略特区制度の一つです。

具体的には、大胆な規制緩和と生活全般にまたがる先端的サービスの社会実装により、住民が抱える社会的課題を解決し、2030年頃に実現される未来社会の先行実現を目指すものとされています。

詳しくは内閣府のホームページをご覧ください。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/supercity/openlabo/supercitycontents.html

スーパーシティ連携事業者公募の実施について

和歌山県とすさみ町では、スーパーシティ制度を活用し、紀南地域における様々な地域課題を解決するとともに、観光をはじめとした当地域の持つ様々なポテンシャルを最大限発揮させるため、同地域におけるスーパーシティ構想(以下、「(仮称)南紀スーパーシティ構想」という)の検討を行っています。

このたび、国の「スーパーシティ型国家戦略特別区域の指定に関する公募」への応募に向け、「(仮称)南紀スーパーシティ構想」の実現に向けて連携いただける事業者の公募を実施しました。

1.目的

国家戦略特別区域基本方針において、スーパーシティ型国家戦略特区の指定基準として、「データ連携基盤整備事業及び先端的サービスを実施する主要な事業者の候補が、地方公共団体の公募により選定されていること」と規定されていることから、「(仮称)南紀スーパーシティ構想」における、データ連携基盤整備事業及び先端的サービスを実施する主要な事業者の候補を選定するため、事業者公募を実施しました。

2.概要

公募期間

令和3年1月13日(水曜日)から同年2月3日(水曜日)※公募期間は終了しています。

事業対象地域

すさみ町(将来的には紀南地域全域に横展開することを見据えて取り組む)

公募内容

(1)重点分野における先端的サービスに係る事業提案

「(仮称)南紀スーパーシティ構想」で取り組むべきと考える下記の重点分野における地域課題の解決や地域ポテンシャルの最大発揮に資する先端的サービスの事業提案を募集

<重点分野>移動、観光、一次産業、空き家、健康・医療、教育、防災

(2)重点分野以外の分野における先端的サービスに係る事業提案

上記(1)の分野に限らず、当地域の抱える地域課題の解決等に資する先端的サービスの事業提案を募集

<分野例>行政、支払い、エネルギー、環境・ゴミ、防犯・安全

(3)データ連携基盤整備に係る事業提案

上記(1)(2)を実現するために必要なデータ連携基盤整備に関する事業提案を募集

選定方法

公募選定委員会による書面審査

3.公募要項・応募書類

詳しい公募要項、応募書類については、以下をご覧ください。

4.質問及び回答

  • 「『(仮称)南紀スーパーシティ構想』に関する連携事業者公募要項」に関する質問及び回答

5.公募結果

令和3年2月10日、「『(仮称)南紀スーパーシティ構想』に関する連携事業者公募選定委員会」を開催し、審査の結果、下記の事業者を連携事業者として選定しました。

連携事業者一覧
代表事業者 共同提案者 分野
株式会社ラック その他(プラットフォーム)
株式会社グルーヴノーツ 教育
イーグルペイ株式会社 株式会社長大 その他(支払い)
合同会社画像技術研究所 AIQ株式会社
FINIENCE株式会社
健康・医療
日本電気株式会社和歌山支店 観光
データ連携基盤
株式会社ORANGE kitchen

健康・医療

株式会社アクポン 健康・医療
株式会社JTB和歌山支店 株式会社JTB総合研究所 観光
株式会社NearMe 移動
綜合警備保障株式会社和歌山支社 移動
一次産業
健康・医療
防災
Zenmov株式会社 株式会社古座MORI 移動
株式会社エルテス Cybernetica
レイ・フロンティア株式会社
株式会社未来シェア
SOKO LIFE TECHNOLOGY株式会社
株式会社エルテスセキュリティインテリジェンス
株式会社JX通信社
株式会社JAPANDX
その他(プラットフォーム)
データ連携基盤
グリーンラボ株式会社 一次産業
豊島株式会社 ミツフジ株式会社 健康・医療
株式会社アウトソーシングテクノロジー その他(雇用)
ソフトバンク株式会社 BOLDLY株式会社
株式会社梓設計

その他(ドローン)
移動
その他(デジタルツイン)

株式会社ウフル 観光
健康・医療
データ連携基盤
ヤマト運輸株式会社和歌山主管支店 その他(物流)
フェリカポケットマーケティング株式会社 その他(プラットフォーム)
株式会社リーバー 健康・医療
東京海上日動火災保険株式会社和歌山支店 観光

国の「スーパーシティ型国家戦略特別区域の指定に関する公募」への提案について

令和3年4月16日、和歌山県とすさみ町は、国の「スーパーシティ型国家戦略特別区域の指定に関する公募」に対し、「南紀熊野スーパーシティ」構想を提案しました。

今後は、スーパーシティ型国家戦略特別区域の指定に向けて、国によるヒアリングへの参加など必要な対応を進めていきます。

令和3年度行財政近畿懇談会和歌山セミナー
「最先端技術が地域にもたらす可能性~進化し続ける「未来のまち」を目指して~」 の開催について(※開催延期:令和3年5月6日追記)

近年、AI(人工知能)やIoTなど技術革新が加速度的に進んでおり、暮らしや地域社会に大きな変化をもたらす可能性が生まれています。そのような中で、和歌山県とすさみ町では、先端的サービスの社会実装と大胆な規制緩和により「まるごと未来都市」を目指す「スーパーシティ構想」の実現に向けた取組を進めています。この講演会では、本構想について紹介するとともに、先端技術が地域社会にもたらす変化や可能性について考えます。
※開催延期について(令和3年5月6日決定)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえ、本講演会の開催を延期します。観覧申込については開催日程決定後に再度受付を行います。

令和3年度行財政近畿懇談会和歌山セミナー「最先端技術が地域にもたらす可能性~進化し続ける「未来のまち」を目指して~」

主催

時事通信社
共催 和歌山県
日時
場所
開催時期未定
和歌山県立情報交流センタービッグU(田辺市新庄町3353-9 )
内容

第一部

榎本憲男

(演題/講師)

「情報化とその隙間」/榎本憲男

(略歴)

小説家。和歌山県西牟婁郡白浜町出身(乗降駅は紀伊富田)。県立田辺高校卒。映画会社勤務の後、『見えないほどの遠くの空を』(ワルシャワ映画祭フリー・スピリット・コンペティション部門正式招待)で映画監督デビュー。また、『カメラを止めるな!』(上田慎一郎監督)のシナリオ指導も行った。小説『エアー2.0』(小学館)で大藪春彦賞候補となり、小説家としての活動を本格化させる。巡査長 真行寺弘道シリーズ(中公文庫)、DASPA吉良大介シリーズ(小学館文庫)がある。現在和歌山県の山中を舞台に小説を構想中。

第二部
岡田信一郎

(演題/講師)
「南紀熊野スーパーシティがつくる地域の未来像」/岡田信一郎

(略歴)

株式会社南紀白浜エアポート代表取締役社長、南紀熊野スーパーシティ構想アーキテクト。
日本道路公団、外資系経営コンサルティング会社、外資系投資会社、経営共創基盤にて、企業の経営戦略策定や新規事業開発、インフラ事業への投資・経営に従事。南紀白浜エアポートでは「空港型地方創生」のコンセプトを掲げ、地域の活性化と空港事業の再生に携わる。また、南紀熊野スーパーシティ構想を主導し、構想全体の企画調整を担当。防災士。

申込

受付中止中(※開催日程が決定後、再度受付を行います)

関連リンク

このページの先頭へ