統計データ利活用シンポジウム

和歌山県は、総務省統計局・独立行政法人統計センターと連携してデータの利活用や統計的思考の重要性を積極的に全国に発信していきます。

統計データ利活用シンポジウム

近畿圏での統計データ利活用の推進や、和歌山県民の統計データ利活用に関する意識の向上を図るため、近畿圏における統計データ利活用の展望、和歌山県のデータサイエンスに関する取組等をテーマにしたシンポジウムを開催しました。
統計データ利活用シンポジウム案内多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。

【開催日時平成28年7月7日(木曜日)午後1時から午後3時40分

【会場】和歌山県民文化会館 小ホール

【参加者数】312名(満席)

詳細は下記資料をご覧ください。

シンポジウム案内(PDF形式 500キロバイト)(募集は終了しています)

リーフレット(PDF形式 3,932キロバイト)

  • 配布資料

伊藤氏資料(PDF形式 14キロバイト)

瀧氏資料(PDF形式 4,488キロバイト)

パネルディスカッション資料(PDF形式 5,923キロバイト)

関係リンク

このページの先頭へ