データ利活用シンポジウム

データ利活用シンポジウムの開催について

 県民のデータ利活用に関する意識の向上やデータ利活用の重要性・有用性を全国に発信することを目的として下記のとおりシンポジウムを開催しました。
 多くの皆様の御参加をいただき、ありがとうございました。
 

  【昨年度の開催結果についてはこちら

シンポジウム概要

  • 主催:和歌山県チラシ
  • 開催日時:平成31年1月19日(土) 13時~17時30分(12時30分開場)                                       
  • 会場:和歌山県民文化会館小ホール(和歌山市小松原通1-1)
  • 参加費:無料
  • プログラム
    1.主催者挨拶
    2.来賓挨拶
    3.基調講演
    4.第2回和歌山県データ利活用コンペティション最終審査会
    5.第1回和歌山県データ利活用コンペティション受賞者による記念講演
    6.データを利活用した公募型研究発表
    7.第2回和歌山県データ利活用コンペティション表彰式
    7.閉会
    詳細はチラシパンフレットをご覧ください。




     

1.主催者挨拶

    ちじあいさつ    ちじあいさつ
                                  和歌山県知事 仁坂 吉伸    

2.来賓あいさつ

   らいひん   らいひん
                               総務省統計局長 千野 雅人氏            和歌山県議会議長 藤山 将材氏            

3.基調講演

講師:日本マイクロソフト株式会社 執行役員常務 パブリックセクター事業本部長 佐藤 知成氏
講演テーマ:「データとAIで実現するデジタル変革」
 

   きちょうこうえん   コンペティション

4.第2回和歌山県データ利活用コンペティション最終審査会

全国の高校生・大学生等を対象に様々なデータ分析・客観的証拠に基づく施策提案を募集し、第一次審査を勝ち抜いた高校生部門5チーム、大学生部門5チームがプレゼンテーションを実施。

 

   コンペティション   コンペ   コンペ大学生          

 
    詳細はデータ利活用コンペティションのページをご覧ください。

5.第1回和歌山県データ利活用コンペティション受賞者による記念講演

昨年度、大学生部門で大賞を受賞した専修大学「Senshu_Bayesians」が昨年度受賞した提案内容等について発表。

   コンペさんくねんどじゅしょうしゃ  こんぺさくねんどじゅしょうしゃ

6.データを利活用した公募型研究発表

講師:大阪市立大学都市研究プラザ教授 水内 俊雄氏
研究テーマ:和歌山県の過疎地域における集落の維持・活性化と再編

   こうぼがたけんきゅう   こうぼがたけんきゅう

7.第2回和歌山県データ利活用コンペティション表彰式

和歌山県賞

高校生部門、大学生部門の各部門ごとに大賞、データ利活用賞、政策アイデア賞を決定。受賞した計6チームに仁坂知事から表彰状及び副賞を授与。

  ひょうしょうしき   020.jpg   ひょうしょう

協賛企業賞

コンペティションの主旨に御賛同いただいた10社の協賛企業から協賛企業賞を授与。
 

  • 協賛企業
    伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、株式会社サイバーリンクス、SAS Institute Japan株式会社、西日本電信電話株式会社、
    日本電気株式会社、パナソニック株式会社、株式会社ファミリーマート、楽天株式会社、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス、
    和歌山県統計協会
     

  きょうさんきぎょうしょう  きょうさんきぎょうしょう  きょうさんきぎょうしょう 
 

問い合わせ先(事務局)

 和歌山県データ利活用推進センター

 電話:073-488-2430

 FAX:073-488-2432
 メール:e0201001@pref.wakayama.lg.jp
 

関連ファイル

このページの先頭へ