営業時間の短縮要請について

現在、要請は行っていません(令和3年6月1日更新)

【営業時間の短縮の要請】

  要請期間:(第1期)令和3年4月22日(木)から5月11日(火)まで

        (第2期)令和3年5月12日(水)から5月31日(月)まで

  対象地域:和歌山市

  営業時間:5時から21時まで(酒類の提供は20時まで)

      ※営業時間短縮の実態把握のため、和歌山市において見回り調査を行います。

  対  象:食品衛生法上の営業許可を得て営業を行っている店舗

      ○飲食店:飲食店(居酒屋を含む)、喫茶店等

      ○遊興施設等:カラオケボックス、バー等

  【除外店舗】

  (1)惣菜、弁当、和菓子、洋菓子などのテイクアウト専門の店舗(飲食店営業許可書・喫茶店営業許可書に

   「客室又は客席を設けないこと」等の条件が付されている店舗及び飲食する場所を設けていない店舗

   が該当)
  (2)ケータリング等のデリバリー専門の店舗
  (3)イートインスペースを有するスーパーやコンビニ等の小売店
  (4)自動販売機(自動販売機内で調理を行うホットスナック等)
  (5)ネットカフェ・漫画喫茶
  (6)飲食スペースを設けないキッチンカー
  (7)ホテルや旅館等の宿泊施設において宿泊客のみに飲食を提供する場合
  (8)結婚式場・葬祭場等の人が集まる施設であって、当該施設本来の目的で利用する客のみに飲食を提供する

     場合
  (9)学校、病院その他施設において、集団給食業務を行う場合
  (10)行事や祭り、イベント等で出店を行う場合(飲食店営業許可書に「臨時」と記載されているもの及び、実態と

              して露店やテントなどの常設の店舗と考えられないもの)

  (11) 5時から21時の範囲内で営業している店舗

第1期(令和3年4月22日(木)から5月11日(火)まで )の協力金に関してはこちら

第2期(令和3年5月12日(水)から5月31日(月)まで )の協力金に関してはこちら

【営業時間の短縮に関するQ&A】


 問1 営業時間短縮は何に基づくものか

 問2 対象となる店舗は何か

 問3 21時以降に営業を開始する店舗については、今回の時短要請の対象となるのか

 問4 21時以降に営業していた要請対象の店舗が、21時から5時までの間、テイクアウトや宅配サービスのみに

     切り替えて営業してもよいか

 問5 ネットカフェや漫画喫茶はなぜ対象外か

 問6 施設内にいくつか要請対象店舗がある。この場合、施設全体での営業時間短縮が必要か

 問7 飲食を提供しているライブハウスは対象か

 問8 飲食を提供している温泉施設であるが、対象となるのか

 問9 フードコートの店舗は対象外か

 問10 「酒類の提供を20時までとしていること」とあるが、酒類のラストオーダーを20時にすればよいか

 営業時間の短縮に関するQ&A

問1 営業時間短縮は何に基づくものか

 新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく要請です。

問2 対象となる店舗は何か

 食堂や喫茶店だけでなく、「接待を伴う飲食店」、「酒類を提供する飲食店」いずれも、食品衛生法の営業許可を取得して営業している店舗も時短要請の対象になります。
 「接待を伴う飲食店」は、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)第2条第1項第1号 に該当する営業を行う施設が対象となります。
 従来から5時~21時の時間の範囲内で営業を行っている店舗は要請対象外です。

問3 21時以降に営業を開始する店舗については、今回の時短要請の対象となるのか

 時短要請の対象店舗であれば、 21時以降に営業を開始する店舗であっても、対象となります。

問4 21時以降に 営業していた要請対象の店舗が、21時から5時までの間、テイクアウトや宅配サービスのみに切り替えて営業してもよいか

 業種形態を変えてテイクアウトや宅配サービスのみを行う場合は、21時から5時までの間、営業しても構いません。

問5 ネットカフェや漫画喫茶はなぜ対象外か

 食品衛生法の許可を受けたネットカフェや漫画喫茶で、宿泊を目的とした利用が見込まれる店舗は、要請の対象外としています。
したがって、例えば0時閉店など、宿泊を目的とした施設でない場合で、かつ飲食店の営業許可を有している場合は、時短要請の対象となります。

問6 施設内にいくつか要請対象店舗がある。この場合、施設全体での営業時間短縮が必要か

 施設全体ではなく、対象店舗のみ営業時間短縮にご協力をお願いします。

問7 飲食を提供しているライブハウスは対象か

 食品衛生法の許可を受けたライブハウスは、対象となります。

問8 飲食を提供している温泉施設であるが、対象となるのか

 食品衛生法の許可を受けた施設である場合は、対象となります。なお、飲食の提供を⾏うスペースが施設の中で明確にされている場合は、そのスペースのみを対象とします。
  ※温泉施設において、温浴エリアの営業は可
  ※旅館等において、宿泊そのものの営業は可

問9 フードコートの店舗は対象外か

 飲食スペースを有する飲食店となり要請の対象となります。
21時から5時までの間、営業を自粛していただきますようお願いします。

問10 「酒類の提供を20時までとしていること」とあるが、酒類のラストオーダーを20時にすればよいか

 ラストオーダーではなく、酒類をお客様に提供する時間が20時までとなります。

20時までに提供した酒類を、21時までの間にお客様が飲食しているのは問題ありません。
 

このページの先頭へ