防災GISデータ掲載

(留意事項)

1.データを活用して資料を公開する場合は、事前に和歌山県防災企画課の許可を得てください。

2.データの利用により生じた損害については、理由を問わず利用者が責任を負います。

3.最新のデータについては別途お問い合わせください。

1.避難場所(緊急避難先)

(1)広域避難場所

大地震時に周辺地区からの避難者を収容し、地震後発生する市街地火災や津波から避難者の生命を保護する

ために必要な面積を有する公園、緑地等。

(2)避難場所

災害が発生したときに一時的に避難する場所。

(3)避難所を兼ねる避難場所

避難場所と避難所とは、相互に兼ねることができるため、重複して指定されている施設等。

2.避難所(中長期開設)

(1)避難所

災害が起きたときに自宅が住めなくなった方が、一定期間、避難生活をする場所。

(2)福祉避難所

介護の必要な高齢者や障害者など一般の避難所では生活に支障をきたす人に対して、ケアが行われるほか、

要援護者に配慮した避難所。

3.津波

(1)浸水想定区域(3連動)

東海・東南海・南海3連動地震による浸水想定。

(2)浸水想定区域(南海トラフ)

南海トラフの巨大地震による浸水想定。

このページの先頭へ