新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方へ徴収猶予の「特例制度」

新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方へ徴収猶予の「特例制度」

  • 地方税制の改正等に伴い、新型コロナウイルスの影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、1年間、地方税の徴収の猶予を受けることができるようになりました(リーフレット)。
  • 担保の提供は不要です。延滞金もかかりません。
  • 納税が困難な方は、所管の県税事務所納税課にご相談ください。

 なお、新型コロナウイルス感染症の拡大予防のため、できるだけ電話による問い合わせや、郵送、電子申請による手続きをお願いします。

対象となる方

以下1,2のいずれも満たす納税者・特別徴収義務者(個人法人の別、規模は問わず) が対象となります。

  1. 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
  2.  一時に納付し、又は納入を行うことが困難であること。
    「一時に納付し、又は納入を行うことが困難」かの判断については、向こう半年間の事業資金を考慮に入れるなど、申請される方の置かれた状況に配慮し適切に対応します。

対象となる県税

  • 令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する法人二税、個人事業税などほぼすべての税目(証紙徴収の方法で納めるものを除く)が対象になります。
  • これらのうち、既に納期限が過ぎている未納の県税(他の猶予を受けているものを含む)についても、遡ってこの特例を利用することができます。
  • 国税の納税が困難な方への対応については、財務省のホームページ(外部リンク)、国税庁のホームページ(外部リンク)をご覧ください。
  • 市町村税の納税が困難な場合は、お住まいの各市町村役場の税務担当部署(市役所・町村役場一覧)にご相談ください。

申請手続等

  • 関係法令の施行から2か月後(6月30日)、又は、納期限(納期限が延長された場合は延長後の期限)のいずれか遅い日までに申請が必要です。
  • 申請書のほか、収入や現預金の状況が分かる資料を提出していただきますが、提出が難しい場合は口頭によりおうかがいします。

郵送の場合

申請書は下記からダウンロードして印刷してご使用ください。印刷が難しい方には郵送で申請書をお送りしますので所管の県税事務所納税課にご相談ください。

エクセル形式を開きます【和歌山県】地方税特例猶予申請書(エクセル形式 81キロバイト)

PDF形式を開きます【和歌山県】地方税特例猶予申請書(PDF形式 205キロバイト)

PDF形式を開きます【和歌山県】地方税特例猶予申請書(記載例)(PDF形式 292キロバイト)

電子申請の場合

eLTAXによる電子申請(地方税共同機構のホームページ(外部リンク)) をお願いします。

添付書類

  • 次の1から3の事実を証する書類(法人・個人事業者については、収支状況の分かる帳簿類。個人については、給与明細・家計簿等。) 。郵送で提出される際はコピーで結構です。 
  1. 新型コロナウイルス感染症等の影響による事業収入の減少等の事実を証するに足りる書類 
  2. 財産目録その他の資産及び負債の状況を明らかにする書類
  3. 猶予を受けようとする日前の収入及び支出の実績並びに同日以後の収入及び支出の見込みを明らかにする書類
  • 同時期に他の行政機関(例えば税務署)に提出された申請書類や他の行政機関の許可通知書のコピーをもって、申請書の記載の簡略化及び添付書類の提出を省略することもできます。

お問い合わせ先

お問い合わせ先(県税事務所一覧)
名称 所在地 管轄区域・TEL
和歌山県税事務所 〒640-8585
和歌山市小松原通一丁目1番地(県庁南別館5階)

和歌山市・海南市・海草郡

納税課:073-441-3408

            073-441-3398

            073-441-3407

紀北県税事務所

〒649-6223

岩出市高塚209(那賀総合庁舎内)

紀の川市・岩出市・橋本市・伊都郡

納税課:0736-61-0010

紀中県税事務所

〒643-0004

有田郡湯浅町湯浅2355-1(有田総合庁舎内)

有田市・御坊市・有田郡・日高郡

納税課:0737-64-1259

紀南県税事務所

〒646-8580

田辺市朝日ヶ丘23-1(西牟婁総合庁舎内)

田辺市・新宮市・西牟婁郡・東牟婁郡

納税課:0739-26-7908

このページの先頭へ