○運転免許取得者教育の認定に関する施行細則

平成12年3月24日

公安委員会規則第2号

運転免許取得者教育の認定に関する施行細則

(趣旨)

第1条 この細則は、道路交通法(昭和35年法律第105号。以下「法」という。)及び運転免許取得者教育の認定に関する規則(平成12年国家公安委員会規則第4号。以下「規則」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(運転免許取得者教育認定申請書)

第2条 規則第5条第1項に規定する申請書は、運転免許取得者教育認定申請書(別記様式第1号)とする。

(変更の届出の手続)

第3条 規則第7条第1項の規定による変更の届出は、変更事項届出書(別記様式第2号)により行うものとする。

2 規則第7条第3項の規定による変更の届出は、添付書類変更届出書(別記様式第3号)により行うものとする。

(認定の取消しの通知)

第4条 法第108条の32の2第5項の規定による認定の取消しは、認定取消通知書(別記様式第4号)により行うものとする。

(フレキシブルディスクによる手続)

第5条 規則第9条のフレキシブルディスクは、工業標準化法(昭和24年法律第185号)に基づく日本工業規格(以下この条において「日本工業規格」という。)X6223に適合する90ミリメートルフレキシブルディスクカートリッジとする。

2 規則第9条の規定によるフレキシブルディスクへの記録は、次に掲げる方式に従って行うものとする。

(1) トラックフォーマットについては、日本工業規格X6225に規定する方式

(2) ボリューム及びファイル構成については、日本工業規格X0605に規定する方式

(3) 文字の符号化表現については、日本工業規格X0208附属書1に規定する方式

3 規則第9条の規定によるフレキシブルディスクへの記録は、日本工業規格X0201及びX0208に規定する図形文字並びに日本工業規格X0211に規定する制御文字のうち「復帰」及び「改行」を用いて行うものとする。

4 規則第9条のフレキシブルディスクには、日本工業規格X6223に規定するラベル領域に、次に掲げる事項を記載した書面をはり付けるものとする。

(1) 提出者の名称

(2) 提出年月日

(書類等の経由)

第6条 法、規則及びこの細則の規定により和歌山県公安委員会に申請書、届出書等を提出する場合は、次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に定める者を経由して行うものとする。

(1) 法第98条第1項の自動車教習所を設置し、又は管理する者 和歌山県警察本部交通部運転免許課長

(2) 前号に掲げる者以外の者 和歌山県警察本部交通部交通企画課長

附 則

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成13年3月27日公安委員会規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、平成13年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

運転免許取得者教育の認定に関する施行細則

平成12年3月24日 公安委員会規則第2号

(平成13年4月1日施行)