○市町村立学校職員の管理職員特別勤務手当に関する規則

平成3年12月26日

教育委員会規則第13号

市町村立学校職員の管理職員特別勤務手当に関する規則

(支給対象職員)

第1条 市町村立学校職員の給与に関する条例(昭和28年和歌山県条例第53号。以下「条例」という。)第17条の6第1項の教育委員会規則で定める職員は、校長、副校長及び教頭の職にある職員とする。

(管理職員特別勤務手当の額等)

第2条 条例第17条の6第3項第1号の教育委員会規則で定める額は、市町村立学校職員の給与に関する規則(昭和29年和歌山県教育委員会規則第5号。以下「規則」という。)別表第2の支給区分に応じ、次の各号に掲げる額とする。

(1) 1種 8,000円

(2) 2種及び3種 6,000円

(3) 4種 4,000円

2 条例第17条の6第3項第1号の教育委員会規則で定める勤務は、勤務に従事した時間が6時間を超える場合の勤務とする。

第3条 条例第17条の6第3項第2号の教育委員会規則で定める額は、規則別表第2の支給区分の欄に掲げる区分に応じ、次の各号に掲げる額とする。

(1) 1種 4,000円

(2) 2種及び3種 3,000円

(3) 4種及び5種 2,000円

2 条例第17条の6第1項の勤務をした後、引き続いて同条第2項の勤務をした管理職員(同条第1項に規定する管理職員をいう。)には、その引き続く勤務に係る同条第2項の規定による管理職員特別勤務手当を支給しない。

(勤務実績簿等)

第4条 教育委員会は、管理職員特別勤務実績簿及び管理職員特別勤務手当整理簿を作成し、これを保管しなければならない。

第5条 管理職員特別勤務手当は、月の1日から末日までの間における勤務回数に応じて翌月の給料の支給日に支給する。

(雑則)

第6条 この規則の実施に関し必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則

この規則は、平成4年1月1日から施行する。

附 則(平成7年3月31日教育委員会規則第4号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成9年3月14日教育委員会規則第2号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の市町村立学校職員の管理職員特別勤務手当に関する規則の規定は、平成8年4月1日から適用する。

附 則(平成19年3月30日教育委員会規則第17号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日教育委員会規則第23号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月31日教育委員会規則第18号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

市町村立学校職員の管理職員特別勤務手当に関する規則

平成3年12月26日 教育委員会規則第13号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第12編 育/第2章 教職員/第2節 給与等
沿革情報
平成3年12月26日 教育委員会規則第13号
平成7年3月31日 教育委員会規則第4号
平成9年3月14日 教育委員会規則第2号
平成19年3月30日 教育委員会規則第17号
平成27年3月31日 教育委員会規則第23号
令和2年3月31日 教育委員会規則第18号