○和歌山県建築審査会条例

昭和25年11月29日

条例第42号

和歌山県建築審査会条例をここに公布する。

和歌山県建築審査会条例

(趣旨)

第1条 建築基準法(昭和25年法律第201号。以下「法」という。)第78条の規定による和歌山県建築審査会(以下「審査会」という。)の所掌事務、組織及び議事については、この条例の定めるところによる。

(平6条例16・一部改正)

(所掌事務)

第2条 審査会は、法に規定する同意及び法第94条第1項前段の審査請求に対する裁決についての議決を行うとともに、知事の諮問に応じて、法の施行に関する重要事項を調査審議する。

2 審査会は、前項に規定する事務を行うほか、法の施行に関する事項について関係行政機関に建議することができる。

(平6条例16・平28条例12・一部改正)

(組織等)

第3条 審査会は、委員7人をもって組織する。

2 委員の任期は、2年とする。ただし、委員が欠けた場合における補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 委員は、再任されることができる。

4 委員の任期が満了したときは、当該委員は、後任者が任命されるまで引き続きその職務を行うものとする。

5 委員は、職務上知ることができた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

6 委員は、在任中、政党その他の政治的団体の役員となり、又は積極的に政治活動をしてはならない。

(平6条例16・平28条例12・一部改正)

(議事)

第4条 審査会の会議(以下「会議」という。)は、会長が招集する。

2 会議は、委員の半数以上が出席しなければ開くことができない。

3 会長は、会議の議長となる。

4 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(平6条例16・一部改正)

(審査会の庶務)

第5条 審査会の庶務は、県土整備部において処理する。

(平6条例16・平14条例47・平15条例12・一部改正)

(雑則)

第6条 この条例に定めるもののほか、審査会について必要な事項は、審査会が定める。

(平6条例16・一部改正)

(罰則)

第7条 第3条第5項の規定に違反して秘密を漏らした者は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

(平28条例12・追加)

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(昭和36年10月17日条例第43号)

この条例は、昭和36年12月1日から施行する。

付 則(昭和41年10月15日条例第35号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和41年10月1日から適用する。

付 則(昭和43年3月30日条例第6号)

この条例は、昭和43年4月1日から施行する。

附 則(平成6年3月30日条例第16号)

この条例は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成14年4月1日条例第47号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成15年3月14日条例第12号)

(施行期日)

1 この条例は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月24日条例第12号)

(施行期日)

1 この条例は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置の原則)

2 県の処分その他の行為又は不作為についての不服申立てであって、この条例の施行前にされた県の処分その他の行為又はこの条例の施行前にされた申請に係る県の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

(和歌山県建築審査会条例の一部改正に伴う経過措置)

5 この条例による改正後の和歌山県建築審査会条例第3条第2項から第6項まで及び第7条の規定は、この条例の施行の際現に在任する和歌山県建築審査会の委員について、その任期が満了するまでの間は、適用しない。

(罰則に関する経過措置)

6 この条例の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

和歌山県建築審査会条例

昭和25年11月29日 条例第42号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第11編 建築・住宅/第1章
沿革情報
昭和25年11月29日 条例第42号
昭和36年10月17日 条例第43号
昭和41年10月15日 条例第35号
昭和43年3月30日 条例第6号
平成6年3月30日 条例第16号
平成14年4月1日 条例第47号
平成15年3月14日 条例第12号
平成28年3月24日 条例第12号