心身障害者扶養共済制度とは

心身障害者扶養共済制度とは

障害児・者の保護者の相互扶助の精神に基づいて、毎月、一定額の掛金を納付することにより、保護者が万一死亡または重度障害になった時、障害者に終身一定額の年金を支給する制度です。

  • 対象となる障害者の要件
  1. 身体障害者手帳1級から3級所持者
  2. 知的障害児(者)
  3. 精神または身体に永続的な障害のある者で、上記1・2と同程度の障害があると認められるもの
  • 掛金は、加入者の加入時の年齢により異なり、2口まで加入できます。年金支給額は1口加入の場合は月額2万円、2口加入の場合は4万円となっています。

お問い合わせ窓口

このページの先頭へ