母子・父子・寡婦福祉資金の貸付を受けるには

母子・父子・寡婦福祉資金の貸付を受けるには

現在20歳未満の児童を扶養している母子家庭の母又は父子家庭の父、寡婦(配偶者のいない女子でかつて母子家庭の母であった方)の経済的自立と生活の安定、子どもの福祉の増進を図るために、各種資金の貸付を行っています。

関連情報

子ども未来課ホームページ「ひとり親家庭に関する福祉制度」

お問い合わせ窓口

このページの先頭へ