主な動き和歌山県議会平成22年10月の主な動き

 

☆  全国議長会定例総会(10月26日)
 
全国都道府県議会議長会の第137回定例総会が大分県で開催され、谷洋一議長が出席しました。会議では、「平成23年度政府予算編成に関する提言」36件を決定し、併せて、来年秋に開催予定の第140回定例総会が本県において開催されることが決定されました。
  議事に先立って自治功労者表彰が行われ、金子全国議長会会長から門議員(在職年数35年以上)が表彰を受けました。また、中村裕一議員、小川武議員、冨安民浩議員、吉井和視議員、野見山海議員(同20年以上)、大沢広太郎議員、谷洋一議長、新島雄議員、山下直也副議長(同15年以上)については、12月定例会において表彰の伝達式が行われます。

全国議長会定例総会の写真その1

(平成23年度の定例総会開催県議会としてあいさつする谷議長)

全国議長会定例総会の写真その2

(金子全国議長会会長から表彰を受ける門三佐博議員(左))

 

☆  県内各行事
○ブラジル和歌山県人会のみなさんが議長を表敬(10月12日)

  在ブラジル和歌山県人会連合会から木原会長はじめ46名の皆様が和歌山を里帰り訪問され、議長と知事を表敬訪問されました。県議会からは谷洋一議長をはじめ多くの議員が出席し、昨年サンパウロで開催された県人会創立55周年記念式典の思い出話や、久しぶりにふるさと和歌山を訪問した感想などを語り合い交流を深めました。

ブラジル県人会表敬の写真その1

(県議会を代表して谷議長が歓迎のあいさつ)

ブラジル県人会表敬の写真その2

(参加者を代表して木原会長からごあいさつ)

 

○ 平成22年度和歌山県花を愛する県民の集い大会(10月16日)
  平成22年度和歌山県花を愛する県民の集い大会が紀の川市で開催され、来賓として出席した谷洋一議長は「花を愛する活動が地域の活性化につながっている。地域を元気にする皆さんの益々のご活躍を祈念します。」と挨拶しました。

花を愛する県民の集いの写真

(来賓としてあいさつする谷議長)

○ 国道371号「蔵土バイパス」開通式典(10月17日)
    一般国道371号「蔵土バイパス」の開通式典が古座川町で行われ、谷洋一議長をはじめ多くの議員が出席して開通を祝いました。
   県議会を代表して谷議長は「今回の開通により地域住民の交通利便性が向上し、本当に喜ばしい。県議会としても国道371号の更なる整備に引き続き取り組んでいきたい。」と挨拶しました。

蔵土バイパス開通式典の写真

(開通を祝うテープカットを行う谷議長(左から2人め)ら出席者のみなさん)

○ 白梅賞表彰式(10月26日)
    県内において社会福祉に献身的に活動し、その業績が顕著で他の模範となる社会福祉に従事する方々に県知事から贈られる白梅賞の授与式が県庁で行われました。来賓として出席した山下直也副議長は「ご苦労の多い職場で他の方々の模範となるご活躍に敬意を表するとともに、今後ともご尽力ください。」と受賞者にお祝いを述べました。

白梅賞表彰式の写真

(式典で祝辞を述べる山下副議長)

○ 和歌山県赤十字大会(10月27日)
   和歌山県赤十字大会が高円宮妃殿下ご臨席のもと、和歌山市で開催されました。   来賓として出席した谷洋一議長は「受賞者の方々への敬意と祝意を表するとともに、医療や災害時の救援活動など日本赤十字社の活動が県民にとって心強い大きな支えとなっている。」と挨拶しました。

和歌山県赤十字大会の写真その1

(高円宮妃殿下ご臨席のもと開催された和歌山県赤十字大会)

和歌山県赤十字大会の写真その2

(来賓としてあいさつする谷議長)

 

 

トップページへこのページの最初へ