現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 全国植樹祭 > 苗木のスクールステイ
 苗木のスクールステイ

 ★ぼくの苗・わたしの苗~苗木のスクールステイについて 苗木を育てるキノピー

 第62回全国植樹祭の開催を契機に、郷土の遺伝子を持った苗木による森林づくりを推進し、豊かで多様な森林を将来に引き継いでいこうと「ぼくの苗・わたしの苗~苗木のスクールステイ」を行いました。なかなか芽が出てこなかったり、夏場の水やりが大変だったりと、子ども達がいろいろな苦労を経験しながら、一生懸命取り組んでくれました!

 この苗木のスクールステイに参加したのは、県内271の小学校・特別支援学校の1万438人。平成22年春にアラカシ、ウバメガシ、クヌギのドングリを播き、約1年間かけて苗木を育ててくれました。このドングリは、郷土の遺伝子にこだわり、平成21年の秋に和歌山県内の森林で子ども達が集めてくれたもの。また、苗木を育てる器は、やがて自然にかえる竹ポット。同じく平成21年に和歌山県内で竹林整備を行い、搬出した竹を活用して作りました。

 育てられた苗木は、第62回全国植樹祭にあわせ和歌山県内の30市町村で実施される「地域植樹」や、県内各地で実施される森林保全活動で植栽されます。約1万本の苗木はすくすく育ち、やがて子ども達の背を追い越すことでしょう。

 なお、竹ポットやドングリの配布、育てられた苗木の回収には、社団法人和歌山県トラック協会が無償で協力してくれました。また、森林のことに詳しいボランティアに協力してもらい、水やりなどの育成管理方法について、各校を巡回指導してもらいました。

 平成23年度も希望校108校、約4,500人の子ども達が、和歌山の森林づくりのために苗木のスクールステイに取り組んでくれています。

 ここでは、子ども達が観察記録をつけるなどして愛情をこめて育ててくれた苗木を紹介していきます。

 参加校:平成21年度 県内の14の小学校、中学校
      平成22年度 県内の271の小学校、特別支援学校
      平成22年度 県内の107の小学校、特別支援学校(平成23年4月現在)

 

 ○苗木育成方法へ ○育成レポートへ ○関連イベントへnew
 

仕切り仕切り

育成方法

 育成方法のポイントについては、 

 「ドングリの育て方」を参考にしてください→

ドングリ図鑑

 

 

育成レポート

 お知らせ 学校のみなさんへ
  平成23年5月22日に開催しました第62回全国植樹祭では、ご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 また、昨年度ご協力いただいた「ぼくの苗・わたしの苗~苗木のスクールステイ」につきましても、お陰様で、県内271校の集合写真を会場内で展示し、育成に関わった子ども達の様子を式典中に上映するなど、皆様の取り組みを第62回全国植樹祭にて幅広く紹介することができました。併せて御礼申し上げます。

 なお、子ども達と先生方が日々お世話をして下さった苗木は、第62回全国植樹祭にあわせ県内の30市町村で実施される「地域植樹」や、県内各地で実施される森林保全活動で大切に活用させていただきます。本当にありがとうございました。

全国植樹祭会場での苗木のスクールステイの展示

 

 

    全国植樹祭アルバムへのリンク


  学校育成レポートにご協力いただいた小学校、特別支援学校
  和歌山市 宮北小学校安原小学校   海南市 黒江小学校
  紀美野町 毛原小学校    
  紀の川市   粉河小学校丸栖小学校    岩出市 山崎小学校
  橋本市

城山小学校、境原小学校

 
  広川町 広小学校   有田川町 久野原小学校
  日高町 志賀小学校   日高川町 山野小学校

  田辺市

新庄小学校上山路小学校本宮小学校三里小学校新庄第二小学校、近野小学校

  白浜町 西富田小学校富田小学校、
  上富田町   高池小学校、明神小学校、太地小学校、はまゆう支援学校、


  

 芽 県内の学校で子供たちが植えたドングリがすくすく育っています。(平成22年度実施校)

学校新庄小学校(田辺市)23/3/24

sinjyou0324 sinjyou0302

今はイノシシなどがわたしたちの生活の近くにあらわれて、農作物を食い荒らしているので、森林を大切にしてほしいです。
森林の勉強で、人は便利なスギやヒノキを植えているが、それは動物たちにいけないことだから、ぼくたちが植えた広葉樹が安川渓谷にある広葉樹のようになってほしいです。
熊野古道や安川渓谷は山はきれいだし、そのあたりの緑もきれいだったのでそのまま育ってほしいと思いました。
(田辺市立新庄小学校5年生)

学校毛原小学校(紀美野町)22/07/15
kehara01 kehara02 kehara05
kehara03 kehara04
学校はまゆう支援学校22/08/20
hamayuu01hamayuu02
学校安原小学校(和歌山市)22/11/05
yasuhara01 yasuhara02
yasuhara03 yasuhara04
わたしが育てているウバメガシは、少しずつ大きくなっています。くきの高さは、8cmぐらいになりました。葉の枚数は7枚で大きいのと小さいのがあります。葉の形は丸くてぎざぎざしているのと、つるつるのがありました。

ぼくが育てているクヌギは、みんなの中で一番くきが伸びていました。でも葉がかれて心配していたら、新しい葉が出てきたのでほっとしました。大きくなってほしいです。

学校富田小学校(白浜町)22/09/06
tonda01 tonda02
tonda03 tonda04
学校宮北小学校(和歌山市)22/08/19
miyakita01 miyakita02
学校太地小学校(太地町)22/07/28
taiji01 taiji02
  みんなで分担して水やりをしています。
理科の勉強と関連づけて、観察しました。
ホウセンカやマリーゴールドと違って、子葉が出ないことにみんなびっくりしていました。
学校上山路小学校(田辺市)22/09/09

kamisanji02

ueyamaji01
夏休み明けの苗木の様子
苗木を育てている
  裏庭の様子

  せっかく出揃ったドングリの苗木、夏休み中も個人個人大事に育ててもらいたいということで、家庭に持って帰った竹ポットが、久しぶりに勢ぞろいしました。40日ぶりの再会だったのですが、さすがドングリは樹木、目を見張るような成長もなく、でも枯れずに集合できたことを喜びました。
  9月8日に、ドングリアドバイザーの方々が見に来てくれ、ポットを置いている校舎裏の湿った環境は苗木の生長に最適と太鼓判を押してくれました。


学校近野小学校(田辺市)22/08/18
konno01

 5月21日に、一人一鉢、竹ポットにドングリの種を蒔き、世話を続けてきました。

 8月18日、今日は久しぶりの登校日、23名の児童は元気な姿で集合写真を撮りました。夏休みに入り枯れてしまった苗木もありましたが、ほとんどの児童のポットには1本ずつ育っていて、茎の高さが7~8cm位に育っています。

学校本宮小学校(田辺市)22/07/14
honguu1 honguu2
 鉢をコンクリートの上に置いておくとよくないと言うことだったので、花壇の隅の土のところに移動させました。これからも、しっかり水をやっていきやいと思います。
学校西富田小学校(白浜町)22/07/01
nisitonda1 nisitonda2 nisitonda3
nisitonda4 nisitonda5 nisitonda6
nisitonda7 nisitonda8 nisitonda9
        ドングリの種まきをした時の子ども達と、最近の竹ポットの様子です。
  本校では、全部で71ポットを育てていますが、このうち63ポットで発芽を確認することができました。また、7月1日現在の総発芽本数は、98本です。
 
学校境原小学校(橋本市)22/07/22
sakai
 本校では第1学年(8名)、第2学年(11名)、第3学年(11名)の児童達が水やりや観察に楽しく取り組んでいます。個々の苗木の成長に差が見られますが、いずれも元気に育っています。これからも大切に育てていきたいと思っています。
学校久野原小学校(有田川町)22/07/20
kunohara1 kunohara2
 クヌギは早々と芽を出し、すくすくと成長してきました。
 でも、アラカシを植えた2つのポットからはなかなか芽が出ず、みんなを心配させましたが、やっとその2つのポットからもかわいい芽が出て、18名全員の芽が出そろいました。
 今日は、二本のうちの小さい方の苗を間引いて一本にしました。間引いた苗も、みんなの意見で、予備としてプランターに植えかえることにしました。そして、夏の強い日差しが降り注ぐ校庭から、校舎の裏側に置き場所を変えました。
 日陰で、涼しげに風に揺られている様子は、ほっとしているようにも見えました。

学校三里小学校(田辺市)22/07/09
misato1
 7月6日に、アラカシとウバメガシの葉が出てきました。
 どちらの葉も1枚1cmもないぐらいでした。
学校新庄第二小学校(田辺市)22/06/30
 ポットに植えてから、しばらくは芽が出ないので心配していましたが雨が多くなり気温が上昇するようになってから発芽の確認ができました。
 本校では、全部で40ポットを育てていますが、このうち27ポットで発芽を確認することができました。また、6月30日現在の総発芽本数は、41本となっています。
 発芽が終わると大きくなってくるのもよく分かります。
 夏場、乾燥しないように気をつけていきたいと思っています。
学校城山小学校(橋本市)22/07/16
shiroyama

 和歌山県で行われる全国植樹祭に向けて「ぼくの苗・わたしの苗 苗木のスクールステイ」の取り組みが本校でも行われています。
 竹ポットの苗木もここ数日の雨と暖かさでとっても大きく成長をはじめました。栽培委員のみなさんが一ポットに二つの種を植え、芽が出た後一本を間引きました。残りの一本の成長に期待がかかっています。すくすくと大きく成長してほしいものですね。

学校黒江小学校(海南市)22/07/10
kuroe1 kuroe2 kuroe3
アドバイザー三木さんの説明を聞く
3年児童
苗木観察のテレビ取材の様子

テレビ取材でのインタビューの様子

 

 7月2日(金)の午後、どんぐりアドバイザーの三木亮さんが来校され、3年生が育てている竹ポット苗の発育状況を見ていただきました。
子ども達は、自分が蒔いた種の種類を尋ねたり、育て方やこれからの管理について詳しく教えてもらっていました。その後、観察ノートに、苗の様子をスケッチし、観察記録をメモしました。さらに、また、その様子を取材していただきました。

kuroe4
苗木のスクールステイ活動
に取り組む3年児童

kuroe5
ドングリの成長の様子
(7月10日現在)

 7月10日(土)現在、ほとんどの竹ポットに、ドングリの芽が出ています。成長の早いのはクヌギで、ウバメガシはなかなか芽がでなかったので、現在葉は4枚~5枚程度です。
もうすぐ夏休みに入ります。強い日差しと水不足による萎れや葉の日焼けが心配です。

 

学校明神小学校(古座川町)22/07/07
myoujin11
順調に育っているアラカシとシラカシの様子             

 東牟婁振興局林務課の方が、ドングリの様子を見に来てくれました。校舎の裏の苗の場所を見て、朝日が当たる場所や木の下がいいと教えていただきましたが、明神小学校は、運動場は大雨の場合は水没してしまう場合があるので、当分は今の場所で育てることとしました。
 アラカシやシラカシは大きく葉が成長しています。竹ポットがもう少しほしいので頼んだら探してみてくれるそうです。

学校広小学校(広川町)22/07/07
hiro1 hiro2 hiro3
 クヌギもアラカシも全部芽を出しました。予備に植えていたプランターや庭のドングリも芽を出していました。昨日来てくださった有田振興局林務課の方が苗木を見て、よく成長しているとほめてくださったと聞きました。
 今一番大きいクヌギで42cmですが、葉っぱが虫にかじられていました。虫を見つけたら「捕まえて・・・・。」と、教えてもらいました。
 アラカシの方はあまり背が高くないけれど、葉っぱが茶色から緑色に変わってきました。
学校志賀小学校(日高町)22/06/18
siga1 siga2

 5月13日にドングリを植えた竹ポットについて、子どもたちの観察日記を紹介します。
・どちらも7cmぐらいあります。発芽したばかりの芽もあります。これからもどんどん大きくなってほしいです。
・前よりもいっぱい大きくなっていました。どんぐりの芽は7cmでした。
・1つは変化なしで、もう一方は芽が2つ出ていました。1つは5cm、もう1つは2.1cmでした。
・小さいほうが2.5cmで、大きい方が7cmぐらいでした。これから、ぐんぐん育ってほしいです。
・芽は、小さかったけど、一番大きいのは3.5cmもありました。2番目は、1.4cmで、3番目は、1.2cmでした。すべての種から芽が出てきてよかったです。
・芽が出てきてうれしかったです。
・ぼくのは、芽が出てきていないので、さびしいです。友達の竹ポットは、5cmと5.5cmでした。
・芽は出てなかったので、土を少しほってみたら、根がでていました。芽が出るのが楽しみです。

学校粉河小学校(紀の川市)22/06/07
kokawa01 kokawa02
  5月21日に、まず、「苗木のスクールステイ」について、取り組みの内容と流れについて説明しました。続いて、種子播きについて、送付して頂いた説明書を元に教室で指導しました。
 ご準備いただいた竹ポットと種子を児童に配布しました。その後、本校の中庭に移動して、実際に種子を播きました。以後、毎日日替わり(日直)で水やりをしています。
学校丸栖小学校(紀の川市)22/06/07
marusu05 marusu06
↑6月7日(月) 大きく育ってきました!!
martusu07 marusu08
↑平成21年度の「苗木のスクールステイ」の様子

 小さかった芽もこんなに大きく育ってきました。ポットによってまだ小さな芽もあるけれど、ほとんどのポットが発芽しています。これからはもう少し日当たりのよい場所で育て、その後は、風通しのよい校舎の北側に移動して続けて観察します。
 平成21年度の「苗木のスクールステイ」で育てた苗木も、順調に大きくなっています。

 

学校高池小学校(古座川町)22/05/31
takaike01 takaike02

 左の写真は、5月13日の朝集会の時、学校長が植樹祭に向けて、苗木を育てる意味・意義を説明した後、全校一斉(児童数64名)に種を竹ポットに植えているところです。3年生のクラスです。
 右の写真は、種を植えてから一週間後に「おねがい キノピー」のシールに願いを書いたものを竹ポットに張っているところです(高学年)。

学校山崎小学校(岩出市)22/05/28
yamasaki01 yamasaki02

 修学旅行直前の5月13日(木)に、ドングリ等の種を植えました。校長室の前の軒下において、毎日水をやっています。一人一人の竹ポットに名前を書いて、これからの成長を見守りたいです。早く芽がでてほしいのですが、なかなか出てきてくれません。

学校山野小学校(日高川町)22/05/28
yamano01 yamano02

 本校では、ウバメガシ・アラカシを5~6ポットに植えました。
 参加児童数は、5年6名、6年7名です。
5月14日(金)に植え、日の良く当たる雨も自然にかかるところにおいています。
 約2週間たっていますが、まだ発芽してきません。
 今後もよく観察していきたいと思います。

                                  上へ

育成イベント

 

点苗木のスクールステイの様子が取材されました~冬編~(H22/12/17)
  
  スクールステイに参加している加太小学校4年生の子どもたちが取材されました(和歌山放送ラジオ)。当日は子どもたちが苗木の育成の様子や苗木を育てて感じたことなどを語りました。

 今回の取材の放送は1月6日(木)の午後6時20分から6時30分の間に放送予定です。
加太子どもたち
点苗木のスクールステイの様子が取材されました!~秋編~(H22/11/19)

 
  スクールステイに参加している新庄第2小学校5、6年生の子どもたちの様子の取材が行われました。当日はどんぐりアドバイザーに今まで育ててきて疑問に思ったことなどを教えてもらいました。

 当日の様子は動画やブログで公開しています。
 動画を大きい画面でご覧になる場合はこちらをクリック!
 キノピーブログはこちらをクリック!
  また、その他の植樹祭に関するイベント動画もこちらで公開中!


点苗木のスクールステイの様子が取材されました!~夏編~(H22/7/2)

 
  スクールステイに参加している海南市立黒江小学校3年生の子どもたちの様子の取材が行われました。当日はどんぐりアドバイザーに育て方を教わったり、観察日記をつけたりしました。
 当日の様子は動画で公開しています。
 
  動画を大きい画面でご覧になる場合はこちらをクリック!

点田辺西牟婁地方で種植え式が行われました!(H22/5/13)
 5月13日(木)に南白浜小学校でスクールステイキットの受け渡し式と種植え式が行われました。
 なお、同小学校ではこの日、森林での学習活動などに取り組む「みどりの少年団」の入団式も行われています。キノピーも参加し、一緒に苗木作りに取り組みました!
 田辺西牟婁地方では、全小学校48校の約1,500人の小学生がスクールステイに参加しています。
受け渡し 植え付けの説明 みんなで種植え
●キノピーからキットを受け取る ●種植えの説明を受ける子供達   ●みんなで種植え♪
点有田地方でスクールステイキットの出発式を行いました!(H22/5/12)

5月12日(水)に有田振興局においてスクールステイの苗木育成キットの出発式が行われました。有田地方においては、4市町の29の小学校の合計約900人分のキットが和歌山県トラック協会有田支部のご協力によりボランティアで運搬されることとなっています。出発式では、キノピーから竹ポットやドングリ図鑑などが同協会の酒本副会長や大浦支部長に引き渡されました。

出発式1 出発式2 出発式3
●キノピーからしっかりとキットを受け取る協会の酒本副会長と大浦支部長 ●出発するトラックを見送るキノピー
点新宮・東牟婁で小学校31校へ苗木スクールステイキット配送完了 (H22/4/30)

4月30日(金)に新宮・東牟婁地区の31小学校へ竹ポット853個を配達しました。竹ポットの他には、どんぐりの種子(アラカシ、ウバメガシ、クヌギ、イチイガシ、シラカシ)、『ドングリの育て方&ドングリ図鑑』、培養土、記録シールです。各学校では、校長先生や小学生が受け取ってくれました。小学生が種を植えて、1年間育ててもらうことにより全国植樹祭に参加しています。なお、新宮・東牟婁の配送は和歌山県トラック協会新宮支部の協力により行いました。

串本西小学校の皆さん
芝支部長と王子校長
串本西小学校のみなさん 協力いただいた芝新宮支部長(右)
点 苗木のスクールステイの輸送出発式を行いました!(H22/4/26)


 第62回全国植樹祭では地域植樹会場を設け、そこで植栽する苗木を育てていただく「僕の苗、わたしの苗~苗木のスクールステイ」を県内のほとんどの小学校で実施し、それを契機に次代を担う子供達の子供への受け渡し森林や環境に対する意識の醸成を図っていきたいと考えています。
 この苗木のスクールステイを実施するにあたり、苗木育成キットの輸送及び苗木の回収に(社)和歌山県トラック協会様に無償でご協力いただくことになりました。そして下記日時に苗木を運ぶトラックの出発式が行われ、和歌山県内の小学校に苗木キットが送り届けられました。   ~詳細はこちら

 点 ドングリトラストセレモニーを開催しました (09/5/27 ) (09/5/29 )
  ドングリトラスト

 県内4つの小学校で、全国植樹祭関連イベントで使用する苗木の

 育成キットの贈呈式を行いました。

 詳細はこちらをクリック

 点 竹ポットづくりを開催しました(09/5/23 )
  竹ポットつくり

 和歌山市内の竹林で全国植樹祭関連イベントで使用する苗木を

 育成するための竹ポットを作成しました。

 詳細はこちらをクリック

 

                               上へ