現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 全国植樹祭 > 開催に向けた動き  >第62回全国植樹祭実行委員会総会
  第62回全国植樹祭和歌山県実行委員会総会

第62回全国植樹祭和歌山県実行委員会設立総会が開催されました
日時、場所
 平成21年7月21日(火) 13:00~15:00
  アバローム紀の国 孔雀の間
協議内容

① 第62回全国植樹祭和歌山県実行委員会の設立について
② 大会テーマについて
③ 平成21年度事業計画について
④ 平成21年度収支予算について
⑤ 「お手植え」「お手播き」樹種候補について
⑥ 第62回全国植樹祭シンボルキャラクターについて

開催状況

 設立総会では、全国植樹祭の開催状況やこれまでの経過を説明し、設立趣意や会則の承認がなされ、会長に仁坂知事、副会長に真砂充敏田辺市長らを選任しました。設立総会画像1

 続いて、基本構想や大会テーマ『緑の神話 今 そして未来へ 紀州木の国から』を報告し、平成21年度事業計画・収支予算を承認しました。また、天皇皇后両陛下の「お手植え」にウバメガシなど8種類、「お手播き」にコウヤミズキなど7種類の樹種候補を選定しました。

 

設立総会2

 最後には紀州山の日キャラクターの『キノピー』が大会シンボルキャラクターに決定されるとともに豊かな森づくりの啓発活動と第62回全国植樹祭のPRを行うべく『紀の国森づくり大使』に任命されました。

  

 

 第62回全国植樹祭の成功に向け堅い握手
(左から中山副会長、真砂副会長、仁坂会長、冨安副会長)




 

第62回全国植樹祭開和歌山県実行委員会
目   的
 実行委員会は、「第62回全国植樹祭」の実施に必要な事業を行い、もって本県の自然と県民の暮らしが創りあげてきた豊かで多様な森林を県民の恵みの森とし、その多様性を保全、かつ向上させつつ、将来に引き継ぐとともに、木の国和歌山が生み出す間伐材等の資源を有効利用し地球温暖化防止に寄与することを目的とする。
委員名簿
和歌山県知事
和歌山県議会議長
和歌山県副知事
和歌山県市長会会長
和歌山県町村会会長
和歌山県議会副議長
和歌山県議会農林水産委員会委員長
和歌山県市議会議長会会長
和歌山県町村議会議長会会長
田辺市長
近畿中国森林管理局和歌山森林管理署長
和歌山県森林組合連合会代表理事会長
和歌山県木材協同組合連合会会長
和歌山県県緑化推進会理事長
紀州林業懇話会会長
和歌山県治山林道協会会長
(社)わかやま森林と緑の公社理事長
和歌山県山林種苗協同組合理事長
和歌山県林業研究グループ連絡協議会会長
和歌山県農業協同組合中央会会長
和歌山県漁業協同組合連合会代表理事会長
和歌山県森林ボランティアネットワーク会長
NPOわかやま環境ネットワーク代表理事
和歌山県自然保護調査会会長
和歌山県商工会議所連合会会長
和歌山県商工会連合会会長
和歌山県中小企業団体中央会会長
和歌山県経営者協会会長
(社)和歌山経済同友会代表幹事
(社)和歌山経済同友会代表幹事
(社)県観光連盟会副会長
和歌山県旅館ホテル生活衛生同業組合理事長
和歌山県飲食業生活衛生同業組合理事長
和歌山県外食産業協同組合理事長
和歌山県みどりの少年団連盟代表
和歌山県婦人団体連絡協議会会長
和歌山県青年団体連絡協議会会長
日本ボーイスカウト和歌山連盟理事長
(社)ガールスカウト日本連盟和歌山県支部長
和歌山県ボランティア連絡協議会会長
和歌山県女性会議会長
和歌山県連合小学校長会会長
和歌山県中学校長会会長
和歌山県高等学校長会会長
和歌山県私立中学高等学校協会会長
和歌山県PTA連合会会長
和歌山県高等学校PTA連合会会長
国立大学法人和歌山大学長
(社)和歌山県バス協会会長
(社)和歌山県タクシー協会会長
西日本旅客鉄道株式会社執行役員和歌山支社長
南海電気鉄道㈱和歌山支社長
(社)和歌山県医師会会長
(社)和歌山県看護協会会長
朝日新聞社和歌山総局長
毎日新聞社和歌山支局長
読売新聞社和歌山支局長
産経新聞社和歌山支局長
共同通信社和歌山支局長
時事通信社和歌山支局長
中日新聞社和歌山支局長
日本経済新聞社和歌山支局長
日刊工業新聞社南大阪支局長
紀伊民報編集局長
日本放送協会和歌山放送局長
株式会社和歌山放送代表取締役社長
株式会社テレビ和歌山代表取締役社長
和歌山県農林水産部長
和歌山県教育委員会教育長
和歌山県警察本部長
和歌山県会計管理者
田辺市会計管理者
総委員数72名