現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す> 商工観光労働部 企業立地課 > 和歌山県企業立地ガイド > 企業の声 > 和歌山アイコム株式会社

和歌山県企業立地ガイド
新たな次代へ、和歌山県がサポート!

最高100億円の奨励金制度 融資制度の充実 アクセスがさらに便利に 企業ニーズに合った用地 ニーズに対応した人材確保支援 スピーディーな対応

このページを印刷



県内企業インタビュー
企業のHPへリンク
 
花王株式会社
 
和歌山工場長 松下 芳 さん
和歌山市湊1334番地

 
和歌山の自然の恩恵を受けて育った花王
最大の生産、研究開発拠点


和歌山の自然の中で生まれる製品開発、技術開発のアイデア
 2015年3月、ふるさと和歌山に工場長として着任しました。改めて、和歌山はいいところだなと感じています。1942年の工場設立以来76年、紀伊半島の山々と紀伊水道、太平洋といった豊かな自然に囲まれたこの地で事業活動を行ってきたことは、弊社にとって大きなメリットをもたらしてきました。まずひとつは、海外から隣接する和歌山港に運ばれてきた天然油脂、天然アルコールや紀ノ川の豊富な水を原料に、各種誘導体を経て最終製品である衣料用洗剤やシャンプーといった家庭製品まで一貫した生産が行えることです。また、近年の高速道路網の発達もあいまって、和歌山工場は、西日本への供給基地として、また花王グループ最大の生産拠点として発展することが出来ました。次に、76年の歴史の中で様々な製品開発や生産の為の技術を生み出し、多くの消費者の皆様のお役に立つことが出来たことです。和歌山工場の特徴として研究所と生産技術開発を行う部門が併設され製品開発研究から生産技術開発、本格生産までをコンカレントで行ってきたことが大きな理由ですが、こういった研究、技術開発は、いかに発想するか、アイデアを出せるかが勝負であり、それを実践できたのは、自然に囲まれた和歌山に身を置き、絶えず頭と心がリフレッシュできていたことが功を奏したのではないかと思っています。
工場の写真
和歌山の自然と地域社会に恩返し
 私たちは、こうして和歌山の自然から恩恵を受けてきたことに感謝すべく環境保全にも力を入れています。工場内には、江戸時代に植えられたクロマツの防潮林があり、敷地外へも繋がっています。地域の財産でもあるこの防潮林の歴史的な価値と松林特有の生態系を守る為に、森林保全や生態調査に努めています。最近では林内に遊歩道をつくり社員が自然環境と直接触れ合う場となっています。今後は、地域の子供たちの歴史、自然教育の場としても活用するために、準備を進めています。また、2011年に開設された、エコテクノロジーリサーチセンターでは最先端の環境技術の研究に取り組むとともに、同施設にある花王エコラボミュージアムでは体験学習しながら地球環境の今と花王の環境技術を解り易くご紹介し、ご見学(要予約)の皆様にはご好評を頂いております。

ページトップへ▲