トップページ > 課・室一覧 > 広報課ホームページ > 和-nagomi- > vol.25 > [東京で見つけた和歌山のゆかりのお店]むすび処 金の芽

和歌山の人、もの、地域 和 nagomi 和歌山テロワール 2014 vol.25

前のページへ  次のページへ

東京で見つけた和歌山のゆかりのお店
東京で見つけた和歌山のゆかりのお店

ふんわり優しいおむすび、
お米の美味しさそのまま。

 ほおばった瞬間、お米の甘さが口中に広がる。「美味しさの秘密は金芽米です。栄養価も高くダイエットにも向いていると評判で、お昼どきは美容や健康に対する意識も高い女性で満員になることもしばしば。」と語る青木理恵店長。金芽米とは和歌山に本社を構える東洋ライス株式会社で発明された無洗米で、うまみ層(亜糊粉層)を残しているのが特徴。美味しくて環境にもいいお米だ。

「タニタ食堂の金芽米ごはん」
写真左はヒット商品のパックごはん「タニタ食堂の金芽米ごはん」。
※「タニタ食堂」は株式会社タニタの登録商標です。※「金芽米」は東洋ライス株式会社の登録商標です。
Data
むすび処 金の芽
住所/東京都中央区銀座5丁目10番13
東洋ライスビル1F
電話/03-3572-3122
営業時間/10:00〜17:00
夜営業18:00〜22:00(L.O.21:30)
土・祝11:00〜17:00
定休日/日曜
大きな胡麻塩むすび
人気の「大きな胡麻塩むすび」は120円(店内100円)。しっかりと握るので少し柔らか目にご飯を炊くというこだわり。
おむすびバー営業
5月から始めた夜の“おむすびバー営業”も好評です。金芽米から作ったオリジナル純米酒をウエルカムドリンクとしてサービスしています。昼とは異なったメニューで“ちょっと一杯”をお楽しみください。

前のページへ  次のページへ


トップページ > 課・室一覧 > 広報課ホームページ > 和-nagomi- > vol.25 > [東京で見つけた和歌山のゆかりのお店]むすび処 金の芽