トップページ > 課・室一覧 > 広報課ホームページ > 和-nagomi- > vol.23 > [世界遺産フォトエッセイ -時が流れる音を聴く-] 大斎原の桜 

和歌山の人、もの、地域 和 nagomi 発祥の地、和歌山。 2014 vol.23

前のページへ  次のページへ

[世界遺産] 時が流れる音を聴く

大斎原の桜 Cherry tree in blossom of Oyunohara

大斎原の桜 風景

撮影地/田辺市本宮町熊野本宮大社旧社地

今年で登録10周年

世界遺産「紀伊産地の霊場と参詣堂道」

「紀伊山地の霊場と参詣道」は、 和歌山県・奈良県・三重県にまたがる 3つの霊場と参詣道を登録対象とする世界遺産です。
世界遺産「紀伊産地の霊場と参詣堂道」

The World Heritage
登録年月/2004年7月  種別/文化遺産
登録資産/
霊場=熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)、高野山、吉野・大峯
参詣道=熊野古道〈中辺路(川の参詣道「熊野川」を含む)、小辺路、大辺路、伊勢路(七里御浜を含む)、大峯奥駈道〉、高野山町石道

熊野の聖地に桜咲く。
春を待ちわびたように
一気呵成と満開となる。
その潔い姿は、まるで時間の瞬きのようで
日本人の心情に共感する。

 
今年で登録10周年!

前のページへ  次のページへ


トップページ > 課・室一覧 > 広報課ホームページ > 和-nagomi- > vol.23 > [世界遺産フォトエッセイ -時が流れる音を聴く-]大斎原の桜