和歌山の人、もの、地域 和 nagomi わかやま癒しのローカル線 2011 vol.14

前のページへ  次のページへ

今号の和題 旬の和歌山情報をお届けします.

和題01

 双子のパンダ、モコモコ増量中!
 生後6ヶ月でさらにキュートに!

双子のパンダ「海浜」と「陽浜」

 8頭ものパンダファミリーが暮らすテレビでもおなじみのアドベンチャーワールド。昨年夏に誕生した双子のパンダ「海浜」と「陽浜」は元気いっぱいにすくすく成長中!
 2月11日に生後6ヶ月を迎え、体も大きくなりやんちゃ盛りだが、まだまだお母さんパンダに甘える可愛い姿や、のんびりとした愛くるしい動きに心も癒される。
 春には屋外でお母さんパンダとのスリーショットを見ることができる。モコモコな姿でコロンと転がる子パンダの愛らしさは必見。

アドベンチャーワールド
住所/西牟婁郡白浜町堅田2399
電話/0570-064481
http://aws-s.com/




和題02

 ナイト・キッチンスタジアム
 こだわり食材「和歌山」

 パン パシフィック 横浜ベイホテル東急2階「オールデイダイニング カフェトスカ」で行われる、各地からのこだわり食材を集めた「ナイト・キッチンスタジアム」。今回は平成23年4月18日(月)〜5月21日(土)(予定)の日程で、和歌山の厳選食材を使ったレストランフェアが開催される。
 シェフ自ら現地に足を運び、厳選した食の楽園「和歌山」の味覚を、お好きな物をお好きだけディナーブッフェ形式で楽しめる。大人気のアトラクションコーナーでは、シェフが目の前で調理。洗練された料理人たちの手さばきと、できたての料理には満足間違い無し。

問い合わせ/カフェ トスカ
電話/045-682-2218

シェフイメージ写真です



和題03

 本物の味、空の上で提供中!
 100%ピュアジュース“はっさくしぼり”

はっさくしぼり

  和歌山県は、はっさくの生産量日本一。果汁が豊富でみずみずしく、甘みと酸味のバランスが絶妙な和歌山産はっさく。その素材の良さをそのまま生かした伊藤農園100%ピュアジュース“はっさくしぼり”を3月31日までANAの機内ANA My Choiceで提供中。
 搾ったままのストレートジュースなので、まるで果物そのものを食べているかのようと大人気。

問い合わせ/伊藤農園 電話0737-88-7053




和題04

 真田昌幸・幸村父子を偲ぶ
 武者行列開催

 戦国武将の中でも特に人気の高い真田幸村が幽閉された里、九度山町。
 毎年、季節の風物詩として5月5日には「真田まつり」が開催される。九度山の商店がそろう「真田市」も行われる。昨年真田庵の隣にオープンした信州真田仕込みのそば「そば処幸村庵」も人気。

問い合わせ/九度山町真田祭実行委員会 
電話/0736-54-2019

真田まつり



和題05

 「空海と密教美術展」
  東京国立博物館で開催

国宝 帝釈天騎象像 国宝 帝釈天騎象像 平安時代・承和6年(839) 
京都・教王護国寺(東寺)蔵

 東京国立博物館では、7月20日(水)から9月25日(日)まで、「空海と密教美術展」が開催される。平安時代前期を中心に、金剛峯寺などに伝えられた宝物を通して、空海の思想世界を知ろうとする特別展示で、真言密教創世記が感じられる超一級の国宝・重要文化財が一堂に集められる。

問い合わせ/東京国立博物館 
電話/03-5777-8600(ハローダイヤル)
場所/東京都台東区上野公園13-9 



 




和題06

 ひと目10万本と言われる桃源郷は
 桃の花が咲き乱れる別天地

  3月末から4月上旬になると紀の川市桃山町全体は、うっすらと桃色の霞がかかり、ほんのり甘い香りに包まれる。紀の川沿いに広がるその夢のような景色は「桃源郷」と呼ばれ、知る人ぞ知る「あら川の桃」の産地だ。あら川の桃は白鳳や白桃が中心で、実は瑞々しくて柔らかく甘い。6月から8月にかけて全国に出荷されていく。

問い合わせ/「あら川の桃」振興協議会 
電話/0736-66-1259

あら川の桃



コラム1

 中目黒の隠れ家的割烹は
 和歌山の新鮮食材にこだわった店

熊野水軍 天酔(てんすい)
 中目黒の閑静な住宅地にひっそりと佇む「熊野水軍 天酔」の店主は和歌山県新宮市出身。おすすめ料理は新宮から取り寄せた新鮮な魚貝類の刺身など。これからの季節は桜鯛、初夏には鮎や鮑などが美味しくなる。鯨料理目当ての来客も多い。

住所/東京都目黒区東山1-11-15 中目黒ARK-II 
電話/03-5722-2815
営業時間/11:30〜14:30 
18:00〜24:00(LO23:00) 
定休日/日祝

熊野水軍 天酔(てんすい)外観 店主の福田裕也さん

山菜料理もおすすめ。店主の福田裕也さんの実家は新宮の料理処「熊野水軍 天酔」。




コラム2

 和歌山オリジナルの苺
「まりひめ」を使った
「プリンセスロール」が
 今年も発売!

 高い糖度と適度な酸味が特徴の「まりひめ」は和歌山県オリジナル品種の苺。その豊かな香りと果肉まで鮮やかな紅色の「まりひめ」を使った「プリンセスロール」が、堂島ロールで有名な(株)モンシュシュから今年も販売される。3月と4月の2ヶ月間限定で、大阪はもとより東京、横浜、名古屋、広島などで販売。ふわっふわの生地に巻かれた優しい甘さの生クリームとまりひめの甘酸っぱさがベストマッチ。

(株)モンシュシュオフィシャルサイト 
http://www.mon-chouchou.com/index2.html


和歌山オリジナルの苺「まりひめ」

紀州手まりのように親しまれるようにと名付けられた「まりひめ」。

前のページへ  次のページへ