トップページ > 課・室一覧 > 広報課ホームページ > 県民の友
和歌山 県民の友WEB
今月号のひとこま

祝 銅メダル獲得!!
 去る8月19日に行われた、北京オリンピックのレスリング男子フリースタイル60kg級3位決定戦で、和歌山市出身の湯元健一(ゆもとけんいち)選手が、キルギスの選手を2対0の判定で下して銅メダルを獲得しました。
 国体選手だったお父さんの教えで、幼い頃から一緒にレスリングを始め、切磋琢磨(せっさたくま)している双子の弟の進一さんの応援もあり、湯元選手の得意技のひとつである「アンクルホールド」で勝利を決めました。
 和歌山県出身の選手がオリンピックでメダルを獲得するのは、1996年開催のアトランタ大会以来12年ぶりとなります。
 北京オリンピックに選手として出場した有田市出身で体操の上村美揮(うえむらみき)選手、和歌山市出身でシンクロナイズドスイミングの小林寛美(こばやしひろみ)選手もそれぞれ健闘されました。
 県民に大きな夢と希望を与えてくれた選手たちのさらなる活躍にエールを送りましょう!!

問い合わせ:県教育委員会スポーツ課 電話073-441-3691



このページのトップに戻る