サイト内検索:

サイトマップ  トッ プページ

ホーム > 文化遺産課 > 重要文化財 旧和歌山県会議事堂 >  7 旧県会議事堂の瓦

7  旧県会議事堂の瓦

瓦の産地と生産者

  • 泉州谷川 田中兵造の刻印
    田中兵造の刻印
  • 鬼瓦に残る日下堅作のへら書き
    鬼瓦に残る
    日下堅作のへら書き

 県会議事堂の瓦は、へら書きや刻印により、大阪府岬町の谷川で焼かれたことが明らかである。
 製作の元請人は田中兵造で、ほぼすべての瓦に刻印が見られる。鬼瓦や留蓋の唐獅子は、日下堅作によって製作されたことがわかる。

県会議事堂の日下堅作の唐獅子


4種類の大きさ

瓦の大きさ
4種の大きさの瓦

 県会議事堂の田中兵造の刻印のある瓦は4種の大きさがある。大きなものから幅32cm、30cm、28cm、24cmである。一番大きなものが議 場で葺かれ、次が本館、その次が控室で使用されたとみられる。柱なども議場、本館、控室の順で寸法が小さくされており、瓦も場所に応じて使い分けていたと 考えられる。

谷川瓦について

 谷川瓦は大阪府泉南郡岬町多奈川谷川を中心に生産されていた。当地は瓦を焼くのに適した良質の土が採れ、海岸に近く舟での出荷が容易であったた め、江戸時代から明治・大正時代に一大生産地となった。大阪や和歌山に販路を伸ばし、県会議事堂のほか、重要文化財の粉河寺大門、温山荘浜座敷など、県内 に今も残る文化財の屋根に使われている。また、戦災で焼失したかつての国宝和歌山城も、この谷川瓦で葺かれていた。

鬼師日下堅作について

 日下堅作の刻印には「細工人」とあり、通常の瓦のみならず、鬼瓦などの製作を得意とした。議場の鬼瓦には、「七十才翁」と記され、日下が県会議事 堂の瓦を製作した年齢がわかる。鬼瓦や留蓋の唐獅子は、繊細かつ角が立てられた見事なへらさばきで製作されており、日下の確かな腕が見てとれる。
 県会議事堂のほかに、日下は和歌山や大阪に多くの作品を残している。善行寺山門(和歌山市)や法福寺山門(阪南市)は、その代表的な例と考えられる。

  • 議場鬼瓦は西洋風の葉のモチーフ
    議場鬼瓦は西洋風の葉のモチーフ
  • 善行寺山門(和歌山市)
    善行寺山門(和歌山市)
  • 法福寺山門の兎の棟飾り
    法福寺山門の兎の棟飾り
  • 法福寺山門(大阪府阪南市)
    法福寺山門(大阪府阪南市)

このページに関するお問い合わせは「文化遺産課」まで
TEL:073-441-3730 FAX:073-441-3732
Email:e5007001@pref.wakayama.lg.jp

当サイトの記事・写真の改ざん及び無断転載を禁じます。

和歌山県教育委員会事務局
〒640-8585 和歌山市小松原通一丁目一番地

文化遺産課に関するお問い合わせ TEL:073-441-3730 FAX:073-441-3732
Email:e5007001@pref.wakayama.lg.jp

Copyright(C)2013 Wakayama Prefectural Board of Education all rights reserved.