サイト内検索:

サイトマップ  トッ プページ

ホーム > 文化遺産課 > 重要文化財 旧和歌山県会議事堂 >  6 旧県会議事堂の見所

6  旧県会議事堂の見所

車寄せ

 正面車寄せには華麗な彫刻が施される。特に中央の「兎の毛通し」の彫刻は鳳凰がモチーフで、「笈形」の波や「蟇股」の雲の彫刻とともに軒の高い県 会議事堂の正面玄関を引き締めている。これら彫刻群は棟札にある彫工「大窪嘉輔」の手になるものとみられる。

車寄せの彫刻
車寄せの彫刻
  • 1.車寄せの兎の毛通し(鳳凰)
    1.車寄せの兎の毛通し(鳳凰)
  • 2.車寄せの笈形(波)
    2.車寄せの笈形(波)
  • 3.車寄せの蟇股(雲)
    3.車寄せの蟇股(雲)

床の間

 議場には床の間が付く。上部には唐破風が設けられ、鬼板をはじめ、鶴や亀をあしらった彫刻で飾る。これらの彫刻群も、車寄せ同様、棟札に記される 彫工「大窪嘉輔」によるものとみられる。床の間は演壇とは違い、当時の写真を見ると、日の丸を掲げたり、盆栽を置いたりしている。

議場床の間の唐破風
議場床の間の唐破風
  • 1.議場床の間の鬼板
    1.議場床の間の鬼板
  • 2.議場床の間の兎の毛通し(亀)
    2.議場床の間の兎の毛通し(亀)
  • 3.議場床の間の彫刻(鶴)
    3.議場床の間の彫刻(鶴)
  • 県会開会の様子(『社会画報』昭和2年12月号)
    県会開会の様子
    (『社会画報』昭和2年12月号)

議場の天井

 議場の天井は中央部を折上格天井、周囲を鏡天井とした構成である。天井板は杉の杢目板で、一つの格間を一枚張りとした贅沢な木取りで、前後左右で 木目の向きを替え、市松模様になっている。

議場格天井
議場折上格天井
  • 格天井折上げの支輪
    格天井折上げの支輪
  • 板は木目を市松に張る
    板は木目を市松に張る
  • 格天井修理の様子
    格天井修理の様子

傍聴席

 議場上部は傍聴席である。傍聴人は本館側の専用の階段より上がった。当時は鈴なりのように傍聴人が入ったこともあった。古写真を見ると、上手側に 仕切りのあった時期もあり、ここは他県の例からみて新聞記者席とみられる。議場の勾欄は社寺建築の縁に付くものと同様の形式で、栂の長尺材で作られてい る。

  • 議場をコ字形に傍聴席が取り巻く
    議場をコ字形に傍聴席が取り巻く
  • 傍聴する人々(『社会画報』昭和4年12月号)
    傍聴する人々(『社会画報』昭和4年12月号)
  • 傍聴席に上がる階段
    傍聴席に上がる階段
  • 傍聴席の勾欄
    傍聴席の勾欄

手挽き製材の最後の時代

 県会議事堂の木材は桧材、見えない構造材は松材が採用された。天井板や根太は杉材である。トラス組には、幅40cmあまりの松の大材が使われてい る。
 明治時代後期より和歌山県でも機械製材が導入されるが、県会議事堂の大量の木材はすべて職人の手作業で製材されたものである。県会議事堂は2年足らずで これだけの木材が調達・製材され建てられたもので、手挽き製材最後の時代の遺産といえる。


このページに関するお問い合わせは「文化遺産課」まで
TEL:073-441-3730 FAX:073-441-3732
Email:e5007001@pref.wakayama.lg.jp

当サイトの記事・写真の改ざん及び無断転載を禁じます。

和歌山県教育委員会事務局
〒640-8585 和歌山市小松原通一丁目一番地

文化遺産課に関するお問い合わせ TEL:073-441-3730 FAX:073-441-3732
Email:e5007001@pref.wakayama.lg.jp

Copyright(C)2013 Wakayama Prefectural Board of Education all rights reserved.