サイト内検索:

サイトマップ  トッ プページ

ホーム > 文化遺産課 > 重要文化財 旧和歌山県会議事堂 >  3 旧県会議事堂の特徴

3  旧県会議事堂の特徴

建物の3エリア

  • 売却価格調書にある建物名称
    売却価格調書にある建物名称
  • 昭和14年の県会議事堂図面
    県会議事堂図面
    (売却価格調書添付資料)
県会議事堂平面図
県会議事堂平面図(左:1階 右:2階)

 県会議事堂は、正面より「本館」「議場」「控室」の3つのエリアからなった。名称は昭和14年(1939)の現JAグループ和歌山への売却価格調書に記載されている。
 「本館」は県会議員のためのエリアで、1階は受付、傍聴人控所、接見室を備え、2階は議長室、書記室、議員休憩室、議員応接室を設ける。
 「議場」は間口18m、奥行23m、高さ6mの大空間で、奥に床の間を備える。議場の外をコ字形に土間廊下が取り巻く。土間廊下上部の2階は傍聴席と なっている。
 「控室」は県執行部が使ったエリアで、高等官控所、応接室、参事会員室、県庁員控所、警察官室などがある。
 このように、議場を挟み、議会と執行部が対置される構成となっていた。

土間廊下

土間廊下
土間廊下

 議場をコ字形に取り巻く土間廊下は、文字通り土間叩き仕上げで、建具などを設けず吹き放しとした外部空間である。このため本館から議員が議場に入 るときは、いったん外部に出てから入ることになる。このような吹き放しの廊下は、明治時代の官庁建築でよく見られたもので、時代の特徴が現れている。

和洋折衷の構造

議場の大空間の西洋式トラス組
 議場の大空間は西洋式のトラス組で造る

 議事堂は、当時の県庁舎が洋風建築であったのに対し、木造真壁造、漆喰塗で、和風の建築である。明治28年(1895)の奈良県庁舎にはじまる伝 統建築見直しの時代的背景と重なる。
 本館と議場の屋根は、洋式のトラス組で支えられる。議場の梁間18mに及ぶ大空間は、トラス組の採用なしに実現できないものであった。
 トラス組はボルトや帯金具が多く用いられ、インチサイズのネジが使われている。ボルト自体が重要な構造材として機能する。
 外観は和風であるが、屋根の構造は西洋式で、和洋折衷のつくりになっている。

  • 議場のトラス組
    議場のトラス組
  • 本館トラス組の帯金具
    本館トラス組の帯金具
  • 議場トラス組の吊り金具
    議場トラス組の吊り金具

このページに関するお問い合わせは「文化遺産課」まで
TEL:073-441-3730 FAX:073-441-3732
Email:e5007001@pref.wakayama.lg.jp

当サイトの記事・写真の改ざん及び無断転載を禁じます。

和歌山県教育委員会事務局
〒640-8585 和歌山市小松原通一丁目一番地

文化遺産課に関するお問い合わせ TEL:073-441-3730 FAX:073-441-3732
Email:e5007001@pref.wakayama.lg.jp

Copyright(C)2013 Wakayama Prefectural Board of Education all rights reserved.