サイト内検索:

サイトマップ  トッ プページ

ホーム > 文化遺産課 > 重要文化財 旧和歌山県会議事堂 >  2 旧県会議事堂の歴史

2  旧県会議事堂の歴史

県議会のはじまり

大正9年濱口梧陵銅像の竣工式会場となった議事堂
大正9年濱口梧陵銅像の竣工式会場となった議事堂
(広川町教育委員会蔵)

 明治12年(1879)5月5日、第1回通常会を開会。初代議長は濱口儀兵衛(梧陵)であった。当時は議事堂がなく和歌山師範学校講堂で行われ、 その後、六番丁の元集産場跡地の建物を転用していた。

県会議事堂の新築

議会の様子
議会の様子(『社会画報』昭和13年1月号)

 県会議事堂は、明治31年(1898)に和歌山市一番丁の敷地に新築された。周囲は庭園があり、多くの松が植えられていた。当時2万8千円をか け、明治30年11月に棟上げ、同31年春に完成した。
 議場としてのみならず、講演会場や選挙会場にも使われ、明治44年には夏目漱石が「現代日本の開化」と題して講演したこともあった。
 この頃の県庁は西汀丁にあって、議場は和歌山城を挟んだ一番丁にあった。

移転の経緯

 昭和13年(1938)に議場を備えた現県庁舎が新築された。県会議事堂はその役目を終え、同16年に保証責任和歌山県信用購買販売利用組合連合 会(現JAグループ和歌山)に売却され、和歌山市美園町で事務所として用いられた。その後、事務所の建て替えにより、同37年に根来寺境内に移築され、根 来寺の山 号「一乗山」にちなんで一乗閣と名付けられた。大客殿として使われたほか、集会や合宿にも活用され、地元の人々に親しまれた。


所在地


  • 連合会事務所時代
    連合会事務所時代
    (『20年のあゆみ』和歌山県農業協同組合中央会)
  • 一乗閣時代
    一乗閣時代

このページに関するお問い合わせは「文化遺産課」まで
TEL:073-441-3730 FAX:073-441-3732
Email:e5007001@pref.wakayama.lg.jp

当サイトの記事・写真の改ざん及び無断転載を禁じます。

和歌山県教育委員会事務局
〒640-8585 和歌山市小松原通一丁目一番地

文化遺産課に関するお問い合わせ TEL:073-441-3730 FAX:073-441-3732
Email:e5007001@pref.wakayama.lg.jp

Copyright(C)2013 Wakayama Prefectural Board of Education all rights reserved.