サイト内検索:

サイトマップ  トッ プページ

ホーム > 文化遺産課 > 重要文化財 旧和歌山県会議事堂 >  1 建物の概要

1 建物の概要

重要文化財 旧和歌山県会議事堂

 旧和歌山県会議事堂は、和歌山城の東側、和歌山市一番丁に明治31年(1898)に建設された、和歌山県会(現県議会)の議事堂建築である。木造 二階建一部平屋、瓦葺屋根、間口31m、奥行47m、建築面積1,239平方メートルの大規模な建造物で、当時、市内有数の壮麗なる白木の建物と評され た。
 議事堂は正面より本館、議場、控室の各部に分かれる。本館には接見室、議長室、議員休憩室などが設けられた。議場は正面に床の間が構えられ、上部には彫 刻飾りを設けた唐破風が付く。議場を土間廊下で取り巻き、2階には傍聴席が設けられた。控室は高等官控所や参事会員室、県庁員控所などが設けられた。議場 は公会堂としても使われ、明治44年には夏目漱石が「現代日本の開化」と題して講演したこともある。
 当時の県庁舎は和歌山城西側の西汀丁にあり、洋風意匠の木造建築であったが、議事堂は腰に下見板を張り、壁を漆喰塗、屋根を瓦葺とした和風意匠で建てら れた。外観に洋風要素は見られないが、大空間を造るために、小屋組には洋式のトラス構造が採用されている。
 昭和13年(1938)に議場を備えた現県庁舎が完成すると、同16年に市内美園町、同37年には岩出市の根来寺に移築された。
 議事堂は度重なる移築で各所が改造されたが、平成24〜27年度の保存整備事業によって、建築当初の姿に復原した。本建造物は木造和風意匠の県会議事堂 として現存最古であり、近代の和歌山県政史を物語る遺構として価値が高い。


県会議事堂

  • 側面外観
    側面外観
  • 議場内部
    議場内部
  • 玄関ホール
    玄関ホール
  • 本館正面
    本館正面
  • 往時の県会議事堂
    往時の県会議事堂(和歌山市立博物館蔵)

このページに関するお問い合わせは「文化遺産課」まで
TEL:073-441-3730 FAX:073-441-3732
Email:e5007001@pref.wakayama.lg.jp

当サイトの記事・写真の改ざん及び無断転載を禁じます。

和歌山県教育委員会事務局
〒640-8585 和歌山市小松原通一丁目一番地

文化遺産課に関するお問い合わせ TEL:073-441-3730 FAX:073-441-3732
Email:e5007001@pref.wakayama.lg.jp

Copyright(C)2013 Wakayama Prefectural Board of Education all rights reserved.