Listen to this page using ReadSpeaker



「きのくに共育コミュニティ」の形成に向けた取組


■共育フォーラムの全県開催〜キックオフ〜 (平成20年度)

 県教育委員会と各市町村教育委員会が連携して、和歌山大学の協力を得ながら、各地域に設置している「地域共育コミュニティ本部」等が中心になり、平成 20年度には、県内全30市町村で「共育フォーラム」を開催しました。
 保護者や教職員をはじめ、自治会や各種団体の代表者など地域の多くの方々にご参加いただき、学校の抱える課題や地域の願いなどについて話し合いました。 地域の方々からは、「子育て中の家庭に地域としてもっと支援していく必要がある」「学校から『学校だより』が全世帯に届けられるようになり、学校の様子が よく分かるようになった」などの意見が、また、学校側からは、「もっと気軽に学校に来てほしい」「もっと学校を知ってほしい」など、各参加者がそれぞれの 立場から多くの意見を述べ、課題や願いが明らかになりました。
各市町村 の共育フォーラムのテーマ

■「地域共育コミュニティ本部」  (一覧)
 (文部科学省「学校支援地域本部事業」を活用して設置している本部の一覧です。) 

■「地域共育コーディネーター」の配置と研修

 地域の実情に即した仕組みづくりや具体的な活動を企画・調整する「地域共育コーディネーター」の活動を 支援しています。また、地域における人材の発掘、コーディネーターの方々がより活動しやすい環境を整備するため、様々な研修等を行っています。
きのく に共育コミュニティ
 「地域共育コーディネーター ガイドブック」
       (平成21年度)

■学校支援ボランティア活動の推進      各地域の活動事例はこちらから

 「地域共育コミュニティ」の形成に向けた取組の第一ステップとして、地域住民の協力を得ながら学校の教育活動等を支援するボランティア活動を推進してい ます。これまでの学習成果等を生かしたボランティア活動への積極的な参加を促すことで、人々の自己実現や生きがいづくりを推進しています。

あ なたの力で子どもを笑顔に!地域を元気に!
  〜学校支援ボランティアをはじめるために〜
      (平成20年度)
実践事例集「つながる ひろがる 共育の輪」      (平成20年度)
実践事例集「つながる ひろがる 共育の輪」      (平成21年度)

■「共育コミュニティ」の理念を生かした子どもの体験活動や地域づくりの推進

 これまで和歌山県では、地域社会の中で、子どもたちが安全にかつ安心して、健やかに育まれるよう、地域住民の参画を得ながら、学習やスポーツ・文化活 動、子どもと大人の交流活動などを実施する「地域ふれあいルー ム(放課後子ども教室)」や、子どもたちが公民館などで寝食をともにしながら学校に通う「通学合宿」などに取り組んできました。こうした取 組は、地域の方々の協力がなくては実施できません。今後も、各地域に根付いた活動として充実していくためには、持続可能な実施体制が必要となります。「共 育コミュニティ」の取組は、そうした体制づくりを進める一つの道筋です。

HOMEに戻る

【著作権について)
 文書、写真、イラスト、図などの著作権は原則として和歌山県に帰属します。
 また、掲載されている情報の無断転載はお断りします。
【ご利用方法について】
 PDF書類をご覧いただくには、Acrobat Readerが必要です。PDF形式のファイルを開けない場合は、Acrobat Readerをインストールしてください。Acrobat ReaderはAdobe社サイトから無料でダウンロードできます。

 Acrobat Readerダウンロード

  
【問い合わせ先】

 和歌山県教育庁
  生涯学習局 生涯学習課 地域教育班 (共育コミュニティ推進室)
   TEL (073)441-3721  FAX (073)441-3724