Listen to this page using ReadSpeaker

和歌山県社会教育委員会議

 


 

社会教育委員会議とは    

社会教育法に基づき、都道府県や市町村に設置される機関で、教育委員会から委嘱された社会教育委員によって構成されています。主な任務は社会教育に関する諸計画の立案や、教育委員会の諮問(一定の機関や有識者に対し意見を求めること)に応じ、意見を述べるなど教 育委員会に助言することです。和歌山県では、昭和28年4月7日に制定した「和歌山県社会教育委員の設置等に関する条例」に基づき、任期2年で現在10名の委員が委嘱され、活動が行われています。

 

 

今期社会教育委員会議(平成2891日〜平成30831日) 


 

審議テーマ 「子供も大人も学び合い、育て合う地域づくりの実現に向けて 〜社会総がかりで子供の成長を支えるため〜」 委員名簿 

    

                    

過去の報告等

 

平成28年8月  報告書 「地域の未来を拓く子供を育てるために 〜地域全体で子供とどう関わるか〜」PDF 1.82mb

平成26年6月  報告書 「すべての子どもの笑顔のために、今、社会教育ができること」 その1 、その2 、会議の概要等

平成24年6月  報告書 「地域をつくる学び合い 〜新しい公共と社会教育の役割〜」
                     「ほっとけやん」と想う気持ちが地域をつなぐ PDF6.161mb

平成22年6月      議事録  (1)きのくに共育コミュニティと本県生涯学習の推進について
                          (2)家庭・学校・地域が連携した読書文化の振興方策について

平成20年3月 わかやまの未来を担う子どもを育成するための社会教育活動の推進について(報告)PDF 1.2mb

平成18年6月 今後の社会教育の在り方について(報告) PDF4.14mb

平成16年2月 地域の教育力向上のための方策等について(報告)

平成14年3月 最近の教育改革を踏まえた学社連 携・融合の推進方策について(報告)