平成18年度競技者育成プログラム普及促進事業における「指導者連絡協議会(コンソーシアム和歌山)」について
 
 平成19年3月4日(日)、和歌山ビッグホエール、和歌山県勤労福祉会館プラザホープにおいて、『平成18年度競技者育成プログラム普及促進事業における「指導者連絡協議会(コンソーシアム和歌山)」』が開催されました。
 コンソーシアムとは、スポーツ振興基本計画に掲げられている一貫指導システムの構築に向け、(財)日本オリンピック委員会、(財)日本体育協会、中央競技団体、都道府県スポーツ関係団体及び学校体育団体関係者等による情報交換を通じて、中央競技団体が作成した競技者育成プログラムを全国各ブロック及び都道府県レベルで展開していこうというものです。
 コンソーシアムでは、(財)日本オリンピック委員会の担当者による講演や質疑応答、福岡県と和歌山県によるタレント発掘事業についての事例発表等がありました。
 また、同会場メインアリーナにおいて開催されていた和歌山県ゴールデンキッズ発掘プロジェクト第3ステージの視察も行われるなど、盛況のうちに終了することができました。
 
開会式
文部科学省スポーツ・青少年局競技スポーツ課長 小見夏生氏の挨拶財団法人日本オリンピック委員会理事及び選手強化副本部長である早田卓次氏の挨拶
本県教育委員会の板橋孝志生涯学習局長会場風景
ゴールデンキッズ発掘プロジェクトの視察
本県ゴールデンキッズ発掘プロジェクト第3ステージの様子を視察する出席者たち
基調講演1
「JOCの選手強化の取り組みについて」をテーマに、財団法人日本オリンピック委員会理事の早田卓次氏による講演
基調講演2
「一貫指導システムの構築に向けて」をテーマに、文部科学省「競技者育成プログラム普及促進連絡会議」委員長及びJOC競技者育成部会長である蒲生晴明氏による講演
「海外事例発表」について、文部科学省「競技者育成プログラム普及促進連絡会議」委員及びJOC情報・医・科学専門委員会委員である和久貴洋氏による講演
分科会1「タレント発掘事業について」
タレント発掘事業について、福岡県体育協会事業課長の稲富勉氏による発表
本県教育委員会スポーツ課の坂口なおみによる発表
分科会2「NF事例発表」
財団法人日本卓球協会強化本部長の前原正浩氏による発表
財団法人日本レスリング協会強化委員の久木留毅氏による発表