Listen to this page using ReadSpeaker
和 歌山県ゴールデンキッズ発掘プロジェクト
「第18回育成プログラム」
(1 期 生・2期生)について

 平成20年9月27日(土)、県立体育館 において、「第18回育成プログラム」(1期生・2期生合同) を行いました。
  1期生の「身体能力プログラム」は、「筋出力制御と 空間の把握」をテーマに、前回と同様、2人組でパイプの上でのボールパスのトレーニン グ、ラダーやボールを使ったトレーニングを行いました。
 「食育プログラム」は、「水分補給」をテーマに、汗と同じ塩分濃度の水を飲んだり、スポーツドリンクや炭酸飲料など様々な飲料の特徴を考え、スポー ツ時に望ましい飲料で、かつふさわしい量の水分を補給することの大切さについて学びました。
 1期生の保護者を対象に「保護者サポートプログラム」を行いました。「スポーツ栄養学」として岡村浩嗣氏(大阪体育大学教授)にアスリートの取るべき食 事について、理想的な食事の具体例などの説明をいただき、バランスの良い食事についてお話をいただきました。
 2期生の「身体能力プログラム」は、「運動 適応能力と全身的な運動操作能力」をテーマに、間隔の違うコーンや2本のラダーの間をジグザグに走ったり、前回と同様、コーンを利用しながら相手を捕まえ るトレーニングなどを行いました。
 「食育プログラム」は、「基本的な食事の整え方」をテーマに、アスリートの食事の基本をマスターすることを目標に、スポーツ前後で摂取する食事を振り返 り補食の大切さについて学びました。
 2期生の保護者を対象に「保護者サポートプログラム」を行い、「ゴールデンキッズの保護者に期待すること」をテーマに「指導者ネットワークセンター」か ら岸田昌章氏(橋本コンディショニング・コーディネーションクラブチーフトレーナー)を講師として派遣し、心技体の成長が大変重要である点や、子どもだけ でなく、親が成長す ることの大切さについてお話をいただきました。
第18回 育成プログラム

【1期生】   徳島大学教授で本プロジェクト育成プログラム作成委員の荒 木秀夫氏による
         「身体能力プログラG(テーマ;筋出力制御と空間の把握)」の 様子
        聖 徳大学講師で本プロジェクト育成プログラム作成委員の柳沢香絵氏による
         「食育プログラムC(テーマ;水分補給)」 の様子
          大阪体育大学教授で本プロジェクト育成プログラム作成委員の岡村浩嗣氏による
          「保護者サポートプログラム(テーマ;スポーツ栄養学)」 の様子
【2期生】   徳島大学教授で本プロジェクト育成プログラム作成委員の荒木秀夫氏による
「身体能力プログラムL(テーマ;運動適応能力と全身的な運動操作能 力)」の様子

       聖 徳大学講師で本プロジェクト育成プログラム作成委員の柳沢香絵氏による
        「食育プログラムC(テーマ;基本的な食事の整え方)」 の様子
                 本 プロジェクト「指導者ネットワークセンター」講師の岸田昌章氏
        (橋本コンディショニング・コーディネーションクラブチーフトレーナー)による「保護者サポートプログラム
        (テー マ;ゴールデンキッズの保護者に期待すること)」の様子