Listen to this page using ReadSpeaker
和 歌山県ゴールデンキッズ発掘プロジェクト
「第11回育成プログラム」
(1期生・2期生)について
 平成20年7月12日(土)、和歌山県立 体育館において「第11回育成プログラム」(1期生・2期生合同)を実施しました。
 1期生の身体能力プログラムは、「筋出力制御と筋間の連結」をテーマに、後ろ向きでコーンの間をジグザグに走ったり、至近距離でボールをパ スするなど、筋肉の使い方を意識するトレーニングを行いました。
 食育プログラムは、「水分補給」をテーマに、運動の前後やトイレの前後で、どれだけの水分が体から失われているかを測定し、 気温や湿度に気を配ることや、スポーツ活動中の定期的な水分補給の重要さを学習しました。
 2期生の身体能力プログラムは、前回に引き続き、「体幹による静的・動的平衡能力」をテーマに、リズムに合わせて体をねじったり、『く』の字に動くな ど、主に 体幹 を意 識したトレーニングを実施しました。
 食育プログラムは、「基本的な食事の整え方3」をテーマに、前回の食育プログラムを発展させ、保護者と一緒に前日の夕食を振り 返り、足りなかった「カテゴリー」について話し合い、普段の食事の質と量について考え、食育に対する意識を高めました。
 
 
第 11回育成プログラム



【1期生】
徳島大学教授で本プロジェクト育成プログラム作成委員の荒木秀夫氏による「身体能力プログラムD(テーマ;筋出力制御と筋間の連結)」の様子

聖徳大学講師で本プ ロジェクト育成プログラム作成委員の柳沢香絵氏による「食育プログラムA(テーマ;水分補給)」の様子


【2期生】
徳島大学教授で本プロジェクト育成プログラム作成委員の荒木秀夫氏による「身体能力プログラムE(テーマ;体幹による静的・動的平衡能力)」の様子
聖徳大学講師で本プ ロジェクト育成プログラム作成委員の柳沢香絵氏による「食育プログラムB(テーマ;基本的な食事の整え方3)」の様子