Listen to this page using ReadSpeaker
和 歌山県ゴールデンキッズ発掘プロジェクト
「第7回育成プログラム」
(1期生・2期生)について
 平成20年6月21日(土)、県立体育館 において「第7回育成プログラム」(1期生・2期生)を実施しました。
 1期生は「身体能力プログラムC」として、「感覚刺激に応じた平衡運動」というテーマで、走りながらバランスを意識するトレーニングなどを実施しまし た。
 また、「知的能力開発プログラムB」では、「練習日誌作成」というテーマで、4〜5人のグループでの話し合いを中心に、楽しく継続して書ける日誌作り と目標を設定する事の大切さを学びました。
 2期生は「身体能力プログラムB」として、「体幹による静的・動的平衡能力」というテーマで、体幹を意識した動きを学びました。
 また、「知的能力開発プログラ ムB」では、 「椅子の上に何人乗れるか」というテーマで、2つのグループに分かれて、椅子から落ちないように、肩を組んだり、手をつないだり、と子ども達はそれぞれに 意見を出し合いました。仲間と協力することやそれぞれの役割分担の大切さを学びました。
第7回育成プログラム
【1期生】徳島大学 教授で本プロジェクト育成プログラム作成委員の荒木秀夫氏による「身体能力プログラムC(テーマ;感覚刺激に応じた平衡運動)」の様子
仙台大学准教授で本 プロジェクト育成プログラム作成委員の粟木一博氏による「知的能力開発プログラムB(テーマ;練習日誌作成)」の様子


【2期生】
徳島大学教授で本プロジェクト育成プログラム作成委員の荒木秀夫氏による「身体能力プログラムC(テーマ;体幹による静的・動的平衡能力)」の様子


仙台大学准教授で本 プロジェクト育成プログラム作成委員の粟木一博氏による「知的能力開発プログラムB(テーマ;椅子の上に何人乗れるか)」の様子