和歌山県ゴールデンキッズ発掘プロジェクト
「第2回育成プログラム」について

 平成20年4月19日(土)、県立体育館において第2回育成プログラムが実施されました。
 1期生、2期生ともに、荒木秀夫先生(徳島大学教授)による「身体能力プログラム」、柳沢香絵先生(聖徳大学講師)による「食育プログラム」を行いました。
 内容については、第1期生の「食育プログラム1」は、テーマ;「アスリートの食事の基本」 〜何をどれだけ食べるか〜 について
、お弁当箱を実際に使って、5つのカテゴリー(主食、主菜、副菜、乳製品、くだもの)の摂取割合を学びました。
 身体能力プログラムでは、「感覚刺激に応じた平衡運動」というテーマで、実施しました。
 2期生の「食育プログラム1」については、テーマ;「アスリートの食事の基本をマスターしよう」という内容で、初めて5つのカテゴリーの事を学びました。
 また、「身体能力プログラム2」については、最初に「コーディネーション能力テスト」を行い、後半は、「体幹制御」というテーマで体幹を使ったトレーニングを行いました。

 

第2回育成プログラムの様子
【1期生】
徳島大学教授で本プロジェクト育成プログラム作成委員の荒木秀夫氏による「身体能力プログラム@(テーマ:感覚刺激に応じた平衡運動)」の様子
聖徳大学講師で本プロジェクト育成プログラム作成委員の柳沢香絵氏による「食育プログラム@(アスリートの食事の基本〜何をどれだけ食べるか)」の様子
【2期生】 
徳島大学教授で本プロジェクト育成プログラム作成委員の荒木秀夫氏による「身体能力プログラム@(テーマ;体幹制御)」の様子
聖徳大学講師で本プロジェクト育成プログラム作成委員の柳沢香絵氏による「食育プログラム@(テーマ;アスリートの食事の基本をマスターしよう)」の様子

和歌山県ゴールデンキッズ発掘プロジェクト「第2回育成プログラム」について