Listen to this page using ReadSpeaker
和歌山県スポーツ偉人伝
レスリング競技
(グレコローマンスタイル)競技者
1960(昭和35年)生
斎藤 育造
( さいとう いくぞう )
 
 三重県松阪市で生まれ育つ。松阪市立太平中学校時代、器械体操部に所属。三重県立松阪工業高校に進学し、高校に器械体操部が無かったことと、体育の先生に勧誘されたことがきっかけでレスリング部に入部する。3年生で全国選抜高校レスリング選手権大会で優勝し、専修大学へ進学。4年生で全日本選手権大会グレコローマン48s級で優勝。大学卒業後、和歌山県教育委員会に採用され、2年後にロサンゼルスオリンピックに出場し銅メダルを獲得。4年後にソウルオリンピックに出場。その間、競技を続けながらジュニアレスリングクラブの指導なども行い和歌山県のレスリングの発展に貢献した。昭和63年に現役を引退後、和歌山県の国体成年レスリング競技の監督を務めた。昭和58年から昭和63年まで6回の和歌山県スポーツ顕賞を受賞。昭和59年に松阪市からスポーツ栄誉賞が贈られた。

                                
偉人伝トップへ戻る