Listen to this page using ReadSpeaker

和歌山県中高一貫教育推進懇談会報告書(概要) 

○協議内容

「和歌山県における今後の中高一貫教育の在り方について」 

○報告書の主な内容


1 設置に当たっての基本的な考え方
  6年一貫教育を通して主体的に判断できる資質や能力を育成し、一人ひとりの生徒の能力をより一層推進するとともに、中等教育における学校制度の複線化・多様化を実現する観点から中高一貫教育を推進していく。

2 特色ある教育内容等
 中高一貫教育の利点を生かした魅力ある教育活動を展開するため、例えば6年間を見通した系統性のある教育課程を編成し、生徒の進路希望等に応じた多様な選択科目を開設したり、コミュニケーション能力の育成や読書指導の充実、自然体験、社会奉仕活動など、幅広い教養と豊かな人間性を育む特色ある教育内容を組み入れる。

3 中高一貫教育の設置形態及び配置
 中高一貫教育には、「中等教育学校」「併設型中高一貫教育校」「連携型中高一貫教育校」の3つの形態があるが、当面併設型中高一貫教育校もしくは中等教育学校の導入を軸に推進していく。
 また、その配置に当たっては、県内すべての児童生徒に選択の機会が与えられるよう、これまでの各通学区域ごとの設置を目標としながら、当面併設型中高一貫教育校を中心として複数校設置することが適当である。

4 中高一貫教育校のタイプ
 中高一貫教育校の学科のタイプについては、普通科タイプを基本としながら、芸術やスポーツ、物づくり教育など、能力の開発が期待できる分野についても視野に入れながら、選定していく。

5 中高一貫教育校の通学区域及び入学者選抜
 併設型及び中等教育学校の通学区域については、全県一区とし、その入学に当たっては、受験競争の低年齢化を招くことがないよう十分な配慮を行う。 

報告書(全文)はこちらに掲載しております。